【書評】現金の呪い-紙幣をいつ廃止するか?

Share

ハーバード大学Kenneth Rogoff教授が、高額紙幣の廃止を訴えた著書。
高額紙幣の廃止によって地下経済を縮小し、あわせて金融政策の効果を改善することができると説いている。(浜町SCI)
“【書評】現金の呪い-紙幣をいつ廃止するか?” の続きを読む

スタンレー・フィッシャー:米国がボラティリティの源泉

Share

スタンレー・フィッシャーFRB副議長が、金融規制緩和を求める既定路線に懸念を示した。
ようやく金融危機から脱し新たなスタートを切ろうとしているのに、再び危機を招きなけないという。
“スタンレー・フィッシャー:米国がボラティリティの源泉” の続きを読む

【書評】伊藤元重が警告する日本の未来

Share

伊藤元重 東京大学名誉教授が予想する日本と世界の未来。
技術革新、ベンチャー企業、シェアリング経済、通商政策、リフレ政策、働き方、社会保障等における変化がどのように社会を変化させていくか解説されている。(浜町SCI)
“【書評】伊藤元重が警告する日本の未来” の続きを読む

【書評】株式投資(ジェレミー・シーゲル)

Share

ウォートンの魔術師、永遠のブルと呼ばれるジェレミー・シーゲル教授による株式投資の入門書。
「長期投資で成功するための完全ガイド」との副題が付されている。(浜町SCI)
“【書評】株式投資(ジェレミー・シーゲル)” の続きを読む

【書評】日本経済入門

Share

早稲田大学ファイナンス総合研究所の野口悠紀雄氏がデータを示しながら日本経済の現状を解説した本。
入門書というよりは、実質的に日本のタカ派エコノミストの主張を伝える内容となっている。(浜町SCI)
“【書評】日本経済入門” の続きを読む

【書評】金利と経済 – 高まるリスクと残された処方箋

Share

日銀で金融研究所所長などを歴任した翁邦雄 京都大学教授による金融・財政政策の総括と見通し。
見返しにある「金利操作に期待されるのは、『トレンドへの働きかけ』か『経済の安定化』か」という言葉が印象的だ。(浜町SCI)
“【書評】金利と経済 – 高まるリスクと残された処方箋” の続きを読む

【書評】本当は世界がうらやむ最強の日本経済

Share

元JPモルガンの日本経済アナリスト、イェスパー・コール氏による日本経済論。
デービッド・アトキンソン著『新・所得倍増論』とのアプローチの違いが興味深い。(浜町SCI)
“【書評】本当は世界がうらやむ最強の日本経済” の続きを読む

【書評】新・所得倍増論

Share

最近2人の元外資系投資銀行アナリストによる日本論の本を読んだ。
デービッド・アトキンソン著『新・所得倍増論』とイェスパー・コール著『本当は世界がうらやむ最強の日本経済』だ。(浜町SCI)
“【書評】新・所得倍増論” の続きを読む

【書評】バブル 1980-1989 日本迷走の原点

Share

日経証券部記者・編集委員などを歴任した永野健二氏が1980年代終わりのバブルの原因に迫った本。
昨年11月、日本がまだまだデフレを脱せない中、この本が書かれた背景は想像に難くない。
“【書評】バブル 1980-1989 日本迷走の原点” の続きを読む