白井さゆり教授:自らの足をひっぱる金融緩和

Share

昨年3月まで日銀審議委員を務めた白井さゆり慶應義塾大学教授が、日銀の異次元緩和が長く続く理由を説明している。
日本の自然利子率が低く、金融緩和自体がその低下要因となりうるため、金融緩和が効きにくいのだという。
“白井さゆり教授:自らの足をひっぱる金融緩和” の続きを読む

白井さゆり教授:追加緩和を求める声は皆無

Share

昨年3月まで日銀審議委員を務めた白井さゆり慶應義塾大学教授が、海外の中央銀行・政府・学者の論調を伝えている。
リフレ政策にやり尽し感が高まり、これまでにない幅広い意見が語られるようになってきているのだという。
“白井さゆり教授:追加緩和を求める声は皆無” の続きを読む

白井さゆり教授:QQEが企業・政府を甘やかす

Share

2011年から昨年3月まで日銀審議委員を務めた白井さゆり慶應義塾大学教授が、日銀の金融政策の枠組み見直しを提言した。
現実的な物価見通しに基づき必要な資産買入れ額を設定し、市場との対話をさらに改善するよう説いている。
“白井さゆり教授:QQEが企業・政府を甘やかす” の続きを読む

白井さゆり氏:注意すべきは国債ではなくMBS

Share

2011年から昨年3月まで日銀審議委員を務めた白井さゆり慶應義塾大学教授が、FRBの進める金融政策正常化の先行きについて予想している。
正常化の3つのシナリオを挙げた上で、今後はMBSと住宅の市場を注視すべきと説いている。
“白井さゆり氏:注意すべきは国債ではなくMBS” の続きを読む

白井さゆり教授:インフレであろうと増税であろうと

Share

2011年から昨年3月まで日銀審議委員を務めた白井さゆり慶應義塾大学教授が、2%インフレ目標達成の要件を語った。
金融・財政政策だけでインフレ目標を達成するのは難しく、年金・社会保障改革が重要だという。
“白井さゆり教授:インフレであろうと増税であろうと” の続きを読む

白井さゆり:インフレが消費を鈍らせる

Share

2011年から昨年3月まで日銀審議委員を務めた白井さゆり慶應義塾大学教授が、米CNBCで日本の経済・金融政策について語った。
ウェブサイト上では長目の記事となっており、教授の具体性あるユニークな発言に興味を持った様子が伺われる。
“白井さゆり:インフレが消費を鈍らせる” の続きを読む

白井さゆり氏:年内のテイパリングを

Share

2011年から昨年3月まで日銀審議委員を務めた白井さゆり慶應義塾大学教授が、日銀のテイパリングを主張した。
物価目標の達成度合いを考えれば量的緩和は長く継続する必要があり、そのためには資産買入れのペースを緩める必要があるという。
“白井さゆり氏:年内のテイパリングを” の続きを読む

白井さゆり教授:長期金利ターゲット引上げを

Share

2011年から今年3月まで日銀審議委員を務めた白井さゆり慶應義塾大学教授が、来年前半の長期金利ターゲット引上げを提言した。
背景には非伝統的金融政策の副作用増大と最近の円安ドル高があるようだ。
“白井さゆり教授:長期金利ターゲット引上げを” の続きを読む

白井さゆり氏:長期緩和の副作用がコンセンサスに

Share

2011年から今年3月まで日銀審議委員を務めた白井さゆり慶應義塾大学教授が、海外金融当局関係者らの声を紹介している。
長期におよぶ非伝統的金融政策の副作用増大が国際的なコンセンサスになりつつあるといい、米経済回復が各国金融政策へのプレッシャーを減らすことを期待した。
“白井さゆり氏:長期緩和の副作用がコンセンサスに” の続きを読む