「 木内登英 」 一覧

国債買い入れ復活なら大問題:木内登英氏

2019/06/26

元日本銀行審議委員の木内登英氏が、日銀に残された追加緩和の手法について検討している。 日銀が国債買い入れに回帰すれば、最悪グローバル金融危機の引き金になりかねないという。

日銀が追加緩和でできること:木内登英氏

2019/02/28

元日銀審議委員の木内登英氏が、次の景気後退における追加緩和の手段について話している。 現状、優先順位が高くない量的緩和の再拡大が採用される可能性があるという。

木内登英氏:2%物価目標は傲慢

2017/12/27

7月まで日銀審議委員を務めた木内登英氏が、異次元緩和のイデオロギー部分に挑んでいる。 物価目標の2%という数字には意味がないと言い切っている。

木内登英氏:日本は一番市場を歪めている

2017/12/26

7月まで日銀審議委員を務めた木内登英氏が、日銀の金融政策と市場へのインプレケーションについて語った。 国債市場をこのまま歪め続けると、一気に調整が起こり大きな金融不安を引き起こしかねないと警告した。

木内登英氏:日銀の政策調整が債券・為替に及ぼす影響

2017/12/20

7月まで日銀審議委員を務めた木内登英氏が、昨年以降の日銀内部で進んだ変化を明かした。 その上で今後の日銀の政策調整と市場への影響を予想している。

木内登英氏:ボラティリティと投げ売り

2017/12/13

7月まで日銀審議委員を務めた木内登英氏が、ボラティリティの低い市場の危うさについて書いている。 おそらく金融緩和も一因であろう低ボラティリティが終わる時、金融システムが不安定になりかねないと警告してい …

【書評】異次元緩和の真実

2017/12/06

7月まで日銀審議委員を務めた木内登英氏が退任後の11月に上梓した本。 日銀の非伝統的金融政策について、理に適った蓋然性の高い出口戦略が提案されている。

木内登英氏:ゴルディロックスの裏で累積する歪み

2017/11/06

7月まで日銀審議委員を務めた木内登英氏が、ゴルディロックス経済と称される経済の現状について懸念を述べている。 この言葉がもたらす安心感が、資産市場の歪みを助長しかねないと警告している。

木内登英氏:物価目標が出口を遠くする

2017/10/29

7月まで日銀審議委員を務めた木内登英氏が、欧米に後れを取っているように見える日銀の金融政策について懸念を語った。 欧米からの後れが大きくなるほど、正常化に踏み出す際の市場の反応が大きくなりかねないとい …

木内登英氏:もはや効果ある緩和策はない

2017/09/07

7月まで日銀審議委員を務めた木内登英氏が、日銀によるイールド・カーブ・コントロール(YCC)の問題点を指摘した。 金融政策はやり尽しており、極端な政策が危機をもたらさないうちに金融政策の正常化を進める …

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。