「 佐々木融 」 一覧

市場を操作し続けることの帰結:佐々木融氏

2022/04/25

JPモルガンの佐々木融氏が、進行する円安を警戒し、市場操作の積み重ねが行き着く先を解説している。

日銀の官製相場が経済の歪みを覆い隠す:佐々木融氏

2022/02/20

JPモルガンの佐々木融氏が、官製相場の続く日本市場の観察から、実体経済が歪み始めていると心配している。

危うさをはらむ円金利についての市場の前提:佐々木融氏

2021/11/29

JPモルガンの佐々木融氏が、日本をはじめ世界の投資家が日銀の金融政策や円金利について設けている前提について、今後揺らぐ可能性を無視すべきでないと書いている。

2015年半ばの円高転換時に似てきた:佐々木融氏

2021/10/28

JPモルガンの佐々木融氏が、FRBの利上げとの関係で今後のドル円相場を占っている。(浜町SCI)

ドル円が下落を始めるタイミング:佐々木融氏

2021/10/05

JPモルガンの佐々木融氏が、ドル円相場において実質金利差が無視されているように見える現状を説明し、次にドル円が円高方向に転換するタイミングを占っている。

ハワイ旅行を阻むコロナ以外の理由:佐々木融氏

2021/09/08

JPモルガンの佐々木融氏が、この先ハワイ旅行に行く日本人が減るかもしれないと書いているが、その理由が何とも悲しい。

コモディティ上昇は継続、家計は苦しく:佐々木融氏

2021/08/16

JPモルガンの佐々木融氏は、コモディティ価格・エネルギー価格の上昇が今後も続く可能性を指摘し、そうなれば日本の家計・企業を圧迫すると話している。

円が歴史的に割安なわけ:佐々木融氏

2021/07/31

JPモルガンの佐々木融氏は、円が歴史的な割安水準にある理由を議論している。 いろいろインスピレーションを与えるファクト・仮説が含まれている。

長期的な円高再開がありうるワケ:佐々木融氏

2021/06/02

JPモルガンの佐々木融氏が、足元の円安ドル高の要因を一時的なものとし、今後円高に転じる可能性を論じている。

ファンダメンタルズはこれまでになくドル安・円高:佐々木融氏

2021/05/01

JPモルガンの佐々木融氏が、ドルのファンダメンタルズの悪化に着目してドル安を、さらに日米の差に着目してドル安・円高を予想している。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。