「 住宅 」 一覧

グッゲンハイム スコット・マイナード

いかなる金利上昇も自滅的:スコット・マイナード

2020/12/17

グッゲンハイム・パートナーズのスコット・マイナード氏が、米経済の鈍化が見える中、拡張的金融政策を継続せざるを得ないFRBの事情について解説している。

株式・債券・住宅、みんな高い:ロバート・シラー

2020/12/17

ロバート・シラー教授が、主たる資産価格を高いとしながらも、まだ投資できる対象は多くあると話している。

【短信】FAANG+マイクロソフトが崩れる:ジェフリー・ガンドラック

2020/12/09

ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック氏が、旗艦ファンドのウェブキャストで幅広いテーマについて予想を述べている。

超低金利は住宅投資のチャンスか?:デニス・ガートマン

2020/10/06

デニス・ガートマン氏が強気相場の継続を予想し、個人投資家の戦略についていくつか質問に答えている。

3つ目のインフレはやってくるか:モハメド・エラリアン

2020/09/16

アリアンツ首席経済アドバイザー モハメド・エラリアン氏が、米国でのインフレの見通し、資産市場の調整の可能性について良く整理された考えを話している。

2005年は突然だった:ロバート・シラー

2020/08/02

ロバート・シラー教授が、順調な米住宅市場について、いつ下落を始めてもおかしくないとし、仮にそうなれば経済に大きな影響を及ぼすと示唆している。

ロバート・シラー教授の自白

2020/07/19

ロバート・シラー教授が、米住宅市場の現在のムードを「サバイバル」と形容しつつ、それでもしばらく上昇を続ける可能性について説明している。

【短信】今後の米市場の有望セクター:バイロン・ウィーン

2020/06/17

ブラックストーンのバイロン・ウィーン氏が、米国株市場の有望セクターの交代について予想している。

先行きはナラティブの変化しだい:ロバート・シラー

2019/11/29

ロバート・シラー教授が、持ち直しの兆しが見える米住宅市場についてコメントし、景気の先行きの予想が難しいとこぼしている。

バイメタリズムは第1級犯罪:ロバート・シラー

2019/11/09

ロバート・シラー教授が、ダブルライン・キャピタルのジェフリー・シャーマン氏と広範な話題について対談している。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。