「 住宅 」 一覧

インフレに負けない財産形成の順序:マーク・モビアス

2021/07/17

マーク・モビアス氏が、世界中で通貨の価値の低下が進んでいるとして、お金のない人からたくさん持っている人まで財産形成の優先順位を説いている。

成長・インフレ期待はピークアウト:デービッド・ローゼンバーグ

2021/07/07

ベア派エコノミストのデービッド・ローゼンバーグ氏が、米国株市場の有望セクターについて話している。 ベア派のロジックがどのようなセクターに行き着くか、頭を整理しておこう。

テーパリングは怖くない:ウィリアム・ダドリー

2021/07/04

ウィリアム・ダドリー元ニューヨーク連備総裁は、今後始まるテーパリング・サイクルでは前例が踏襲される可能性が高く、恐れる必要はないと書いている。

ドーピング趨勢的停滞論とタオル投げの理論:ローレンス・サマーズ

2021/07/04

ローレンス・サマーズ元財務長官は、現在の米拡張的政策が行きすぎているとしインフレ・リスクを警告し、投資家に対しては「タオル投げの理論」で忠告している。

足下のインフレには心配もワクワクもしない:レイ・ダリオ

2021/06/22

ブリッジウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏が、足元のインフレと貨幣的インフレの違いを説明し、貨幣的インフレの時代に考えるべき投資について話している。

ジェレミー・シーゲルの政策論議が投資家をビビらせる!

2021/06/18

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、FRBの金融政策について正論を述べているが、それが逆に教授を慕ってきた多くのブルの心を脅かしている。

狂騒の20年代か、戦後の消費ブームか:ロバート・シラー

2021/05/28

ロバート・シラー教授が、米住宅市場について先の住宅バブルより大きなバブルに発展する可能性を指摘している。

ビットコインじゃないんじゃない:ロバート・シラー

2021/05/24

資産価格の実証的研究で2013年ノーベル賞を受賞した行動経済学者 ロバート・シラー教授が、住宅・株式・暗号資産の各市場について素朴な質問を受けている。

弱気派の投資選択:デービッド・ローゼンバーグ

2021/03/22

ベア派エコノミストのデービッド・ローゼンバーグ氏は、足元の経済回復が一時的なものに終わり、2020年代が「退屈な20年代」になると予想している。

グッゲンハイム スコット・マイナード

いかなる金利上昇も自滅的:スコット・マイナード

2020/12/17

グッゲンハイム・パートナーズのスコット・マイナード氏が、米経済の鈍化が見える中、拡張的金融政策を継続せざるを得ないFRBの事情について解説している。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。