「 中国株 」 一覧

チャーリー・マンガー

【短信】中国投資を続ける理由:チャーリー・マンガー

2022/05/01

バークシャー・ハザウェイ年次株主総会: チャーリー・マンガー氏が中国投資の理由について簡潔に述べている。

最後のひと上げでのプレイ・ブック:ジム・ロジャーズ

2022/04/26

ジム・ロジャーズ氏が、ウォートンのラジオ番組でコモディティほかの投資機会について語っている。

【短信】ブラジル・インド・台湾に関心:マーク・モビアス

2022/04/13

新興国市場投資の大ベテラン マーク・モビアス氏は、最も関心を持っている市場としてインド・ブラジル・台湾を挙げている。

マーク・ファーバー、マーク・モビアスが考える米国株、インド株

2022/03/14

2人のマークお爺ちゃんが、グローバル投資についてそれぞれ異なる観点から興味深い話を語っている。

中国、日本、オーストラリア:ブリッジウォーター

2022/02/01

レイ・ダリオ氏率いるブリッジウォーター・アソシエイツが今年の世界見通しを発表している。 いつものように少々難解だが、読み込んでみよう。

日本株に注目している:ブリッジウォーター

2022/01/15

ブリッジウォーター・アソシエイツのレベッカ・パターソン氏は、米経済・市場についての2つのリスクを挙げ、日本の株式市場に注目していると明らかにした。

【短信】米国株が勝者である理由:マーク・モビアス

2022/01/12

新興国市場投資の大ベテラン マーク・モビアス氏は、欧米株の優先順位を説明したほか、新興国市場投資におけるセクターや地域の選好をいつものように出し惜しみせず語っている。

2022年の投資のベスト・アイデア:ジェフリー・ガンドラック

2022/01/12

ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック氏が、今年最も魅力ある投資アイデアについていくつか挙げている。

【短信】ウォーレン・バフェット氏が円債発行の準備に

2022/01/05

Bloombergが消息筋の話として、ウォーレン・バフェット氏率いるバークシャー・ハザウェイによる円債発行の意向を報じている。

【データ】国別の株価指数の益回り、ローカル市場の期待リターン

2021/11/02

将来リターンを占う上で参考にされることの多い株式益回りと期待リターンを計算した。(浜町SCI 2021年11月1日)

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。