「 ポール・クルーグマン 」 一覧

基軸通貨でなくなったってたいしたことない:ポール・クルーグマン

2021/05/30

ポール・クルーグマン教授が、いつものようになりふり構わず自分の推す政策を正当化している。 今回のテーマは主要準備通貨としてのドルの地位だ。

インフレ懸念は真摯に受け止めている:ポール・クルーグマン

2021/05/11

ポール・クルーグマン教授が、インフレ論争についてCNNのつまらない質問に答えさせられて、少しかわいそうだ。

クルーグマンにはがっかりだ:ローレンス・サマーズ

2021/03/22

ローレンス・サマーズ元財務長官(現ハーバード大学教授)が、米経済政策について複線的な見方を呈示し、あわせて経済学者の姿勢に厳しい注文を付けている。

数年後に訪れる趨勢的停滞:ポール・クルーグマン

2021/03/10

ポール・クルーグマン教授は、今後1-2年の米経済について強気の見通しを述べた上で、その後に起こりうる「趨勢的停滞」を心配している。

来年急激な経済回復が起こる:ポール・クルーグマン

2020/12/03

ポール・クルーグマン教授が、米マクロ経済について楽観的見通しを述べつつ、同時に心配事にも言及している。

バブル崩壊は大したことじゃない:ポール・クルーグマン

2020/06/17

ポール・クルーグマン教授が、株式市場の「狂気」について書いているが、なんとも不思議な感覚を抱かせる文章になっている。

リーマン危機のようなものじゃない:ポール・クルーグマン

2020/04/13

ポール・クルーグマン教授が、コロナ・ショック後の経済回復について意見を求められている。

ゾンビがそこら中を走り回っている:ポール・クルーグマン

2020/02/06

ポール・クルーグマン教授が、現状の金融・財政政策について語っている。

前回の危機前より今の方が悪い状況にある:ポール・クルーグマン

2019/02/12

ポール・クルーグマン教授が、2年以内の景気後退入りを心配した。 前回ほど深刻な危機にはならないとしたものの、ある理由から油断はできないという。

クルーグマン、マーク・ファーバーに牙をむく

2017/10/18

ポール・クルーグマン教授が、マーク・ファーバー氏をやり玉に上げた。 クルーグマン教授らしい子供っぽい口喧嘩なのだが、背景にはいくつの問題が潜んでいる。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。