スタンリー・ドラッケンミラー

1988年から2000年までジョージ・ソロス氏の片腕としてヘッジ・ファンド業界に伝説を残す。
英中央銀行を敵に回し、英ポンドを売り崩したいわゆる「ポンド危機」で中心となって活躍した。
ソロスの下で自身も巨万の富を築き、1981年にはDuquesne Capitalを設立し目覚ましいリターンを上げたが、2010年十分高いリターンを得る見込みが立たないことを理由に閉鎖した。

ドラッケンミラー:すべてはいつも流動性

かつてジョージ・ソロス氏率いるクォンタム・ファンドの運用に12年間携わり莫大な利 …

ドラッケンミラー:2%物価目標は学者の宗教

かつてジョージ・ソロス氏率いるクォンタム・ファンドの運用に12年間携わり莫大な利 …

ドラッケンミラー:デフレは中央銀行の産物

かつてジョージ・ソロス氏のクォンタム・ファンドの運用に12年間携わり莫大な利益を …

ドラッケンミラー:金を買い戻し

かつてジョージ・ソロス氏のクォンタム・ファンドの運用に12年間携わり莫大な利益を …