「 ゴールドマン・サックス 」 一覧

【短信】今後6か月ドル安が継続:ゴールドマン

2021/02/16

ゴールドマン・サックスのザック・パンドル氏らが、今後6か月ドル売り圧力が続き、中国などへの投資が拡大すると予想している。

インフレや金利上昇は忘れておけ:ゴールドマン・サックス

2020/12/15

ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントのマイク・スウェル氏は、米金利が今後長い間低い水準にとどまると予想し、政策・市場の側面から解説している。

来年5-6%ドル安に:ゴールドマン・サックス

2020/12/02

ゴールドマン・サックスのKamakshya Trivedi氏が、来年にかけての世界経済の回復に強気の見方を示し、米ドル相場のさらなる下落を予想した。

実質イールドカーブは急激にスティープ化:ゴールドマン・サックス

2020/11/12

ゴールドマン・サックスが、2021年の世界の主要投資テーマの中で、名目・実質両方でのイールド・カーブのスティープ化を予想している。

為替が金利の変動を肩代わりしてきた:ゴールドマン・サックス

2020/11/02

ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントの債券投資共同責任者アシシュ・シャー氏が、為替を投資分散に用いることで、失われた分散効果を一部回復することができると示唆している。

6-6.5%の経済成長が株式の追い風に:ゴールドマン・サックス

2020/10/19

ゴールドマン・サックスのピーター・オッペンハイマー氏が、来年にかけて株式市場への追い風が強まり、市場の牽引役の交替が起こると予想している。

バリューは20年来のチャンスだが・・:ゴールドマン・サックス

2020/09/26

ゴールドマン・サックスのデービッド・コスティン氏が、景気循環株有利との見方に疑問を呈し、短期・長期に分けて注目すべきファクターを挙げている。

米ドルの地位は揺るがず、金は不要:ゴールドマンサックス

2020/08/01

ゴールドマン・サックスの富裕層向け部門が、米ドルの準備通貨としての地位は保たれるとして、金投資の有用性を否定している。

米ドルの地位が揺らいでいる:ゴールドマン・サックス

2020/07/30

ゴールドマン・サックスが、市場における米ドル安懸念の高まりを指摘し、金・銀の価格予想を上方修正している。

マスク着用を義務化せよ:ゴールドマン・サックス

2020/07/01

ゴールドマン・サックスのヤン・ハチウス氏が、ロックダウンを再度行わないための方策として、マスク着用の義務化を提案している。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。