「 ゴールドマン・サックス 」 一覧

米国株は向かい風が続く:ゴールドマン・サックス

2021/06/10

ゴールドマン・サックスのデービッド・コスティン氏が、インフレが米国株に与える影響を概説し、今後1年ほどの投資戦略をアドバイスしている。

【雇用統計】ゴールドマン・サックス、ブラックロックのコメント

2021/06/05

米労働省が4日発表した5月の雇用統計についてのゴールドマン・サックス ヤン・ハチウス氏、ブラックロック リック・リーダー氏、ジェフリー・ローゼンバーグ氏のコメント。 FRB金融政策の方向性を左右する足 …

2022年は大手テクノロジー企業が優勢に:ゴールドマンサックス

2021/05/14

ゴールドマン・サックスのデービッド・コスティン氏が、アマゾン、アップル、マイクロソフト、グーグル、フェイスブックの大手テクノロジー5社をべた褒めしている。

2022年には財政出動の反動が来る:ゴールドマン・サックス

2021/04/29

ゴールドマン・サックスのヤン・ハチウス氏が、28日のFOMCの結果を解説し、テイパリングと利上げの時期を予想した。

短期・中期・長期のセクターローテーション:ゴールドマン

2021/04/23

ゴールドマン・サックスのデービッド・コスティン氏が、米経済が正常化していく過程でのセクター/ファクター戦略について語っている。

【短信】今後6か月ドル安が継続:ゴールドマン

2021/02/16

ゴールドマン・サックスのザック・パンドル氏らが、今後6か月ドル売り圧力が続き、中国などへの投資が拡大すると予想している。

インフレや金利上昇は忘れておけ:ゴールドマン・サックス

2020/12/15

ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントのマイク・スウェル氏は、米金利が今後長い間低い水準にとどまると予想し、政策・市場の側面から解説している。

来年5-6%ドル安に:ゴールドマン・サックス

2020/12/02

ゴールドマン・サックスのKamakshya Trivedi氏が、来年にかけての世界経済の回復に強気の見方を示し、米ドル相場のさらなる下落を予想した。

実質イールドカーブは急激にスティープ化:ゴールドマン・サックス

2020/11/12

ゴールドマン・サックスが、2021年の世界の主要投資テーマの中で、名目・実質両方でのイールド・カーブのスティープ化を予想している。

為替が金利の変動を肩代わりしてきた:ゴールドマン・サックス

2020/11/02

ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントの債券投資共同責任者アシシュ・シャー氏が、為替を投資分散に用いることで、失われた分散効果を一部回復することができると示唆している。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。