「 コモディティ 」 一覧

さらなる貨幣増発もありうる:マーク・ファーバー

2021/07/12

スイス人著名投資家マーク・ファーバー氏は、各国金融政策が資産バブルを生み出しているとする一方、すでに急騰・急落を演じているコモディティについて個別の投資判断が重要と述べた。

原油は80ドル程度まで上昇する:デニス・ガートマン

2021/07/07

コモディティ王とも呼ばれたデニス・ガートマン氏が、原油価格、インフレの先行き、FRBの金融政策正常化についてコメントしている。

成長・インフレ期待はピークアウト:デービッド・ローゼンバーグ

2021/07/07

ベア派エコノミストのデービッド・ローゼンバーグ氏が、米国株市場の有望セクターについて話している。 ベア派のロジックがどのようなセクターに行き着くか、頭を整理しておこう。

テクノロジー株は買い時:PIMCO

2021/07/01

PIMCOのエリン・ブラウン氏が、年後半に向けてファクター、インフレ・ヘッジ、新興国市場について投資のチャンスを解説している。

テーパートレマーが続く:ジェレミー・シーゲル

2021/06/26

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授は、基本的に強気相場を予想しつつも、市場がテーパリングを巡って動揺を続けると予想している。

テーパートレマーは市場にとっていいこと:ジェレミー・シーゲル

2021/06/20

ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が、短期的に米国株が売られると予想しながらも、テーパータントラムになるよりよかったと楽観を続けている。

コモディティをテーマとした投資戦略:デービッド・ローゼンバーグ

2021/06/20

デービッド・ローゼンバーグ氏が、コモディティをテーマとする投資アイデア、リフレ・トレード、テイパータントラムについて話している。

【短信】インフレがオーバーシュートする:モハメド・エラリアン

2021/06/18

アリアンツ首席経済アドバイザー モハメド・エラリアン氏は、タカ派側に寄ったように見えた15-16日のFOMCの結果を受けても、インフレがオーバーシュートするリスクが高いと警戒している。

年末までに弱気相場が始まる:ジム・ロジャーズ

2021/06/16

ジム・ロジャーズ氏が、市場は年内に下げ始め弱気相場に入ると、自信なさげに話している。

FOMC結果に応じたゲームプラン:ポール・チューダー・ジョーンズ

2021/06/15

ポール・チューダー・ジョーンズ氏が、インフレを一過性とするFRBの見方を誤りだとし、FOMCの結果に応じたゲーム・プランを明かしている。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。