「 コモディティ 」 一覧

スーパーバブル崩壊には新興国・日本:ジェレミー・グランサム

2022/01/21

バブルの研究家として有名なGMOのジェレミー・グランサム氏は、米国株市場の50%下落が時間の問題だとし、投資先として新興国市場や日本のような割安な先進国のバリュー株を奨めている。

日本株に注目している:ブリッジウォーター

2022/01/15

ブリッジウォーター・アソシエイツのレベッカ・パターソン氏は、米経済・市場についての2つのリスクを挙げ、日本の株式市場に注目していると明らかにした。

おそらく年内、急騰そして弱気相場入り:ジム・ロジャーズ

2022/01/13

ジム・ロジャーズ氏が今年もめげずに深刻な弱気相場入り、その前にひと上げが来ると予想している。

バイロン・ウィーン/ジョー・ザイドルの2022年びっくり10大予想

2022/01/04

ブラックストーンが、バイロン・ウィーン、ジョー・ザイドル両氏による「2022年のびっくり10大予想」を公表した。 同予想はモルガン・スタンレー時代の1986年、ウィーン氏が始めて37年目となる。

現金を減らし実物資産を増やせ:ジェフリー・ガンドラック

2021/10/26

ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック氏が、長期ドル安予想を継続し、分散ポートフォリオの配分・中身のアドバイスについて微調整している。

テーパリングで5-10%の上昇の可能性も:デビッド・テッパー

2021/10/23

アパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏が、条件付きながらもテーパリング発表時にトレーディングのチャンスが来るかもしれないと話している。

60:40ポートフォリオは死んだ:ポール・チューダー・ジョーンズ

2021/10/21

ポール・チューダー・ジョーンズ氏は、目下の最大の課題はインフレであるとし、投資家にインフレ・ヘッジを強化するよう奨めている。

これは運命だ:ブリッジウォーター

2021/10/12

ブリッジウォーター・アソシエイツのグレッグ・ジェンセン氏は、米経済政策の変遷から予想される経済・市場の運命について語っている。 11日の記事と同内容だが、やや詳述されている。

シクリカルと実物資産、60:40ポートフォリオ:PIMCO

2021/10/08

PIMCOのエリン・ブラウン氏は、サイクルが中期から後期へ遷移しつつある段階にあるとし、まだ株式投資が有利な局面だと話している。

サイクルはすでに終期だが・・・:ソロス・ファンド

2021/10/06

Soros Fund Managementのドーン・フィッツパトリック氏が、インフレ・金利・サイクルについて語り、いくつか投資家にアドバイスしている。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。