「 ケネス・ロゴフ 」 一覧

1970年代との類似が強まる:ケネス・ロゴフ

2021/09/03

IMFチーフ・エコノミストも務めたケネス・ロゴフ ハーバード大学教授は、1970年代と現在の類似が強まっているとして、高インフレの持続を心配している。

ドル覇権を揺るがすもの:ケネス・ロゴフ

2021/04/11

ケネス・ロゴフ ハーバード大学教授は、米ドルの基軸通貨としての地位は短期間には揺るがないとしつつ、それを揺るがしうるイベントをいくつか挙げている。

ほぼすべてのアジア諸国は中国に従う:ケネス・ロゴフ

2021/04/04

ケネス・ロゴフ ハーバード大学教授が、ドルの主要準備通貨としての地位を過信すれば、将来深刻な問題に追い込まれると警告した。

テイパータントラム2.0が心配事No.1:ケネス・ロゴフ

2021/02/10

ケネス・ロゴフ ハーバード大学教授が、コロナ・ショックから立ち直り再びテイパータントラムが発生した場合に新興国に及ぶ打撃について心配している。

災害救助であって刺激策ではない:ケネス・ロゴフ

2021/01/28

ケネス・ロゴフ ハーバード大学教授が、まだ財政再建を心配するような時期ではないとしながらも、コロナ後に訪れる困難な状況について予想している。

2030年ならまだ米ドルが王様:ケネス・ロゴフ

2020/11/13

ケネス・ロゴフ ハーバード大学教授が、ドル相場の不気味な安定の原因を分析し、ドル凋落の可能性についてコメントしている。

いつか市場は気づく:ケネス・ロゴフ

2020/10/08

ケネス・ロゴフ ハーバード大学教授が、株式市場と実体経済の乖離の原因を4つ挙げ、市場の楽観に危機感をにじませている。

大恐慌以来最悪の不況はまだまだ続く:ケネス・ロゴフ

2020/07/21

ケネス・ロゴフ ハーバード大学教授が、現在は財政政策の手を緩めるべきでないとしつつも、一方で現在の財政支出がフリー・ランチではないと釘を刺している。

5年後のことはわからない:ケネス・ロゴフ

2020/06/29

ケネス・ロゴフ ハーバード大学教授が、コロナ・ショック対応のための経済政策を評価し、それが最終的に生み出す弊害にも触れている。

ギャンブルは賢くても長続きしない:ケネス・ロゴフ

2020/06/18

ケネス・ロゴフ ハーバード大学教授が、政府・中央銀行のコロナ・ショックへの対応策を支持しながらも、あわせ持つ危うさについてコメントしている。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。