「 グッゲンハイム 」 一覧

債券市場のアノマリー:グッゲンハイム

2021/03/31

グッゲンハイム・パートナーズが、債券市場、債券利回りの季節性について検証し、従前の推奨の根拠を補強している。

FRBの相反するメッセージが生み出すチャンス:グッゲンハイム

2021/03/24

グッゲンハイム・パートナーズが、FRBのフォワード・ガイダンスが及ぼすイールドカーブへの作用を指摘し、債券投資のチャンスについて解説している。

インフレのベース効果と遅延効果:グッゲンハイム

2021/03/19

グッゲンハイム・パートナーズが、インフレ見通しについて公表している。 同社スコット・マイナード氏の説明と同一のものだが、コンセンサスと異なる見方になっており見直しておく。

2020年の10のマクロ経済テーマ:グッゲンハイム

2020/01/29

グッゲンハイム・パートナーズが22日「2020年の10のマクロ経済のテーマ」を公表している。

グッゲンハイム スコット・マイナード

【短信】債券はいくらでも生み出せる:グッゲンハイム

2020/01/07

グッゲンハイム・パートナーズのスコット・マイナード氏が、債券に弱気、株式や金・銀に強気ととれるツイートをしている。

グッゲンハイム スコット・マイナード

景気後退を回避した代償:グッゲンハイム

2019/12/28

グッゲンハイム・パートナーズのスコット・マイナード氏が、米債券市場が織り込む非対称なリスクを解説している。

グッゲンハイム スコット・マイナード

なぜ買わない?でなく、なぜ売らない?:グッゲンハイム

2019/12/18

グッゲンハイム・パートナーズのスコット・マイナード氏が、足元の景況感・市場心理の改善に慎重なスタンスを示している。

グッゲンハイム スコット・マイナード

【短信】FRBは暗中模索、緩和余地拡大か:グッゲンハイム

2019/12/12

グッゲンハイム・パートナーズのスコット・マイナード氏が、11日のFOMCの結果について通好みのコメントをしている。

【短信】雇用統計は金利上昇を暗示:グッゲンハイム

2019/12/07

グッゲンハイム・パートナーズのスコット・マイナード氏が、6日発表の米雇用統計を解説している。

【短信】3か月連続のLEI低下で景気後退の瀬戸際に:グッゲンハイム

2019/11/22

グッゲンハイム・パートナーズのスコット・マイナード氏が、10月の景気先行指数についてコメントし、同指数と景気後退の間の経験則を紹介した。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。