「 インド 」 一覧

米経済の実相、真のNo.1経済とは:ジェフリー・ガンドラック

2024/06/14

ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック氏のCNBCインタビュー(既出)ビデオの長編版が会社から公表されている。 興味深いところをもう少し紹介しよう。

【短信】インドが集中すべき「輸出」:ラグラム・ラジャン

2024/06/11

IMFチーフエコノミスト、インド中銀総裁を歴任したラグラム・ラジャン シカゴ大学教授が、インド経済が向かうべき方向性を提案している。

強い雇用統計に市場は安堵した:ジェレミー・シーゲル

2024/06/09

ジェレミー・シーゲル教授が7日発表の5月の米雇用統計について、債券・株式市場に及ぼした影響を解説している。

キャリアで学んだ最も重要な教訓:ジェフリー・ガンドラック

2024/05/26

ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック氏が広範な話題について語ったインタビューが会社から公表されている。

外国勢にとっての日本株リターンの源泉:ブリッジウォーター

2024/05/15

ブリッジウォーター・アソシエイツのカレン・カーニオルタンブール氏が、分散投資等について語っている。 その中で、外国勢の日本株投資の魅力の1つが語られており、かつそれが停止・反転しうると暗示されている。

ウォーレン・バフェットは世界のどこに投資する?

2024/05/05

ウォーレン・バフェット氏の年次株主総会での発言: 投資対象地域について。

買うならドルコスト法で:ジェフリー・ガンドラック

2024/03/22

ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック氏がFOMCの結果にコメントし、米経済・市場に慎重な見通しを語っている。

【短信】ジェフリー・ガンドラックの2024年ベスト・アイデア

2024/01/23

ダブルライン・キャピタル恒例の年初座談会の続々報: 2024年のポートフォリオ配分と中身。

ジェフリー・ガンドラックの市場シナリオ

2024/01/22

ダブルライン・キャピタル恒例の年初座談会の続報: ジェフリー・ガンドラック氏の市場シナリオと資産クラスに対する見方。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 本サイトでは、オンライン書店などのアフィリエイト・リンクを含むページがあります。 その他利用規約をご覧ください。