「 渡辺努 」 一覧

物価目標を堅持せよ:渡辺努教授

2019/08/05

東京大学の渡辺努教授が、物価目標を堅持すべきと主張している。 アラン・グリーンスパン元FRB議長の言を引き、デフレが企業の活力を奪うと主張している。

個々人の経験が期待を形成する:渡辺努教授

2019/07/03

東京大学の渡辺努教授が、インフレ期待の形成に個々人の経験が大きくかかわっていると主張している。 最近、IMFや日銀からの注目を引いた研究結果なのだという。

渡辺努教授:貨幣経済の落とし穴

2018/11/20

東京大学の渡辺努教授が、拡大しつつある「非貨幣経済」の影響の大きさを指摘している。 これを無視して政策決定をすれば、大きな間違いを起こしかねないという。

エッシャーとシェアリング・エコノミー

2018/07/09

最近、浜町SCIが運営しているニュース・サイト「The Financial Pointer」に関して、不思議な感覚に囚われる経験をした。 あたかも、エッシャーの絵の中に迷い込んだような感覚だ。(浜町S …

渡辺努教授:政策金利が低すぎる

2018/07/03

東京大学の渡辺努教授が、経済安定化政策の「のり代」のなさについて注意を喚起している。 次の危機対応では、現在正常化を進めているFRBでもやれることは限られてくるという。

伊藤隆敏教授:日本にインフレは来るか?

2018/01/29

次期日銀総裁候補とも噂された伊藤隆敏コロンビア大学教授は、日本のリフレが峠に差し掛かったと指摘している。 あと少し経済が温まればインフレが立ち上がる地点までやってきているという。

渡辺努教授:もはやGDPは使えない

2017/11/14

東京大学の渡辺努教授が、政治・経済で重視されているGDPという尺度について有効性が薄れていると指摘している。 無料のサービス等が有料の財・サービスを置き換える中で、GDPが少なくない経済活動を取り込み …

金融と財政の不可分な関係

2017/03/13

いわゆるシムズ理論に代表される金融政策と財政政策の協調だが、特段目新しいものではない。 ここでは、東京大学の渡辺努教授が2005年に日経新聞で8回にわたり連載したコラムを紹介しよう。

渡辺努教授:シムズ提案はトリクルアップ

2017/02/28

東京大学の渡辺努教授が、物価水準の財政理論FTPLに基づくクリストファー・シムズ教授の財政拡張案について解説している。 インフレ期待を醸成するための妙案が提案されており興味深い。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。