「 浜田宏一 」 一覧

リカルドは憎いが・・・:浜田宏一教授

2019/07/13

内閣官房参与 浜田宏一 イェール大学教授が、現代貨幣理論(MMT)についてコメントしている。 MMTにはインフレ昂進のリスクに対する安全策が欠けているという。

同じ経済状態なら物価低下の方がいい:浜田宏一教授

2019/02/26

内閣官房参与 浜田宏一 イェール大学教授が、2%物価目標に過度にとらわれるべきでないと話している。 政府・日銀における経済政策に対するバランス感覚の変化を感じさせる発言だ。

貿易戦争は漁夫の利を生むだけ:浜田宏一教授

2019/01/03

内閣官房参与 浜田宏一 イェール大学教授が、米中貿易摩擦の効果について解説している。 米国に対し逆効果となっている現実を諭す内容だが、それが正しく受け取られる可能性はほとんどないだろう。

浜田宏一教授と岩村充教授の異次元対談

2018/07/30

日経電子版にイェール大学 浜田宏一教授と早稲田大学 岩村充教授の対談が載っている。 現実にとらわれない学者の議論には、時々、上下左右がひっくり返ったような感覚を覚える。

浜田宏一教授の注文の多い財政政策

2018/05/08

内閣官房参与 浜田宏一 イェール大学教授が、経済誌への寄稿で君子豹変ぶりを披露した。 その標的はすでに金融政策から他のところへ移っているようだ。

浜田宏一教授:2%のインフレは人々の生活を貧しくする

2017/12/29

内閣官房参与 浜田宏一イェール大学教授が、物価目標に拘泥する中央銀行の姿勢に疑問を呈している。 物価上昇は人々の生活を苦しめる面もあり、物価目標だけでなく悲惨指数なども重視すべきと説いている。

浜田宏一教授:マイナス金利は課税、やめた方がいい

2017/12/19

内閣官房参与 浜田宏一イェール大学教授が、金融政策の最終目標は物価目標達成ではなく雇用であると話した。 一方、金融緩和の出口には心配はいらないのだという。

浜田宏一教授が変貌したワケ

2017/04/08

内閣官房参与 浜田宏一イェール大学教授が、物価は手段であって最終的な目標ではないと語った。 現在の経済状況は追加緩和が必要なものではなく、1ドル110円は極端な円高ではないと言及した。

浜田宏一教授:量的緩和は間違ってない

2016/12/21

内閣官房参与 浜田宏一イェール大学教授に週刊エコノミストが弁明の場を与えている。 言いたいことは理解できるものの、新鮮さという意味で魅力のなさは隠せない。

浜田宏一教授:本当の世界一流の専門家が言っている

2016/11/14

内閣官房参与 浜田宏一イェール大学教授が、金融・財政政策の過去と未来について語った。 ヘリコプター・マネーの制度化には反対するとしたものの、雇用の落ち込みなどの際には協調的な金融・財政政策の実施が必要 …

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。