「 不動産 」 一覧

シェア・オフィスが経済停滞を深刻に:エリック・ローゼングレン

2019/09/25

米ボストン連銀のエリック・ローゼングレン総裁が、とても興味深い構造問題について話している。 革新的な事業モデルが次の景気後退期、経済の問題を深刻化させかねないというのだ。

デュレーションの長いものを買え:カイル・バス

2019/07/28

ヘイマン・キャピタルのカイル・バス氏が、米金融政策のゼロ金利回帰を予想している。 ゼロ金利環境の中で少々ユニークな投資推奨を話した。

好調な雇用統計に隠れた凶兆:ピーター・シフ

2019/05/11

Euro Pacific Capitalのピーター・シフ氏が、痛烈にトランプ大統領を批判している。 大統領の自慢する好景気はまやかしだとし、あわせて不動産市場によくない兆しが見られると警告した。

レイ・ダリオ:今はリスク資産にとって最悪の時

2018/12/07

ブリッジウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏は、現在が資産保有において最悪の時期だと話している。 ディフェンシブでバランスのとれたポートフォリオを心がけるよう説いている。

ロバート・シラー:住宅急落は予想していない

2018/10/29

資産価格の実証的研究で2013年ノーベル経済学賞を受賞したロバート・シラー教授が、現在の市場心理を読み解いている。 現在とサブプライム危機前とでは市場心理の状況はまったく異なっているという。

【書評】東京五輪後の日本経済

2018/07/10

元日銀審議委員 白井さゆり慶應義塾大学教授が昨年2017年9月に上梓した本。 金融政策から資産市場の見通しまで幅広いトピックについて踏み込んだ解釈・予想が示されている。(浜町SCI)

ロバート・シラー:米住宅は2012年から過熱を継続

2018/07/02

資産価格の実証的研究で2013年ノーベル経済学賞を受賞したロバート・シラー教授が、米住宅市場の現状を解説している。 油断はできないものの、まだ前回の住宅バブルとは多くの点で相違が見られるという。

加藤出氏:住宅ブームが変調を来している

2018/05/10

東短リサーチの加藤出氏が、綻びの見え始めた海外の住宅バブルについて紹介している。 同氏によれば、明らかにバブルでない日本でも安心はできないという。

ジム・チャノス:中国住宅市場の危うさ

2018/02/17

息の長い空売りで有名なKynikos AssociatesのJim Chanos氏が、中国の住宅市場についてコメントしている。 市場自体の重要性、その世界への波及について数字を用いて解説している。

米税制改革が住宅価格の逆風に

2018/01/07

米株式市場は税制改革を材料にお祭り騒ぎを続けているが、住宅市場には大きな温度差があるようだ。 ゴールドマン・サックスは米税制改革が住宅市場にとって潜在的な逆風になったと指摘している。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。