「 ポール・クルーグマン 」 一覧

前回の危機前より今の方が悪い状況にある:ポール・クルーグマン

2019/02/12

ポール・クルーグマン教授が、2年以内の景気後退入りを心配した。 前回ほど深刻な危機にはならないとしたものの、ある理由から油断はできないという。

ポール・クルーグマン:新 悪の枢軸

2018/12/12

ポール・クルーグマン教授が新たな「悪の枢軸」を定義している。 「悪の枢軸」とはブッシュ(Jr)大統領(当時)が2002年、北朝鮮・イラン・イラクの3か国を名指しで批判した時の呼称だ。

クルーグマン:景気後退は遠くない

2018/09/25

ポール・クルーグマン教授が、次の景気後退の特徴を占っている。 次の景気後退は短く浅いものになると予想されるが、それでも社会が被る傷は癒えにくくなるだろうという。

クルーグマン:スティグリッツの批判はコミュニケーション問題

2018/09/13

ジョセフ・スティグリッツ教授による趨勢的停滞論の批判が困惑をもって受け取られている。 ポール・クルーグマン教授もその1人だ。

クルーグマン:現実を知ることから始まる

2018/09/02

ポール・クルーグマン教授が「国民所得分配」勘定の創設を提案している。 GDP成長は全体の数字だけでなく、どの層にどれだけ分配されるかが重要だとの考えだ。

クルーグマン:ケインズを理解できない保守

2018/07/12

ポール・クルーグマン教授が、ケインジアンという言葉を曲解して批判する右派に対してツイッターで反論している。 トランプ政権や共和党の財政政策がケインズ主義とは真逆のものであると指摘した。

クルーグマン:民主党左派は合理的

2018/07/06

ポール・クルーグマン教授が「連邦賃金保証」について論じている。 この構想は進歩主義者のイマジネーションを掻き立てるもののようだ。

クルーグマン:法人減税ロジックの誤謬

2018/06/19

ポール・クルーグマン教授が、トランプ政権・共和党の減税のロジックについて検証している。 あらためてトリクルダウンが成立しない理由を解説している。

クルーグマン:金融緩和を継続せよ

2018/03/29

ポール・クルーグマン教授が金融政策の方向性についての議論を蒸し返している。 教授はいつか、この議論で宿敵トランプ大統領と意気投合するかもしれない。

クルーグマン:日本は経常黒字であるべき国だ

2018/03/27

ポール・クルーグマン教授が、2つの興味深い論考を行っている。 1つは日本の経常黒字、もう1つは貿易不均衡の是非にかかわるものだ。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。