日銀の視界に正常化はない?

黒田東彦 日銀総裁が3日の衆議院財政金融委員会で異次元緩和について答弁している。
一歩前進の感もあるが、やはり日銀の金融政策正常化への道のりはあまりにも遠い。


現時点では(短観のような)景気判断もあり、2%物価目標を目指してこれを安定的に持続するために必要な時点まで長短金利操作付き量的質的金融緩和を継続することにしている。

黒田総裁の基本的スタンスに変わりはない。
あくまで既存路線を継続すると宣言している。
この毎度のフレーズを聴いて思うことは、足元の景気拡大での出口はないということだろうか。
もしそうなら、金融緩和は二期目の黒田総裁の任期中続くと見た方がいいかもしれない。

今語るのはミスリーディング

一方、出口について頑なに語ろうとしない点については理由を説明した。

「(バランスシート縮小と利上げの)どちらから先に行くのかやテンポはどのくらいになるのかは、やはり出口を具体的に議論する時点で政策委員会で十分議論して、その考え方を市場にも適切に伝えていくのが重要だと思っている。
まだ2%までかなり距離がある段階で、実際にそういうことを議論する段階の経済・物価・金融情勢がまだはっきりしていない今からこういう順序でこういう風にやるということを言うのはかえってミスリーディングじゃないかと。」

黒田総裁はこの理由の1つとしてFRBの例を挙げた。
FRBは極めて早期に出口についてガイダンスを始めていたが、結果的に今やっている正常化のプロセスでは順序が逆になっている点だ。
これをミスリーディングと総裁は言いたかったようだ。


内部では考えている

ただし、この日の答弁では、内部では検討を進め、市場にも語れるところは語っていくとのニュアンスの発言もあった。

どういう点が論点になってどういうことを考えなければならないかは、日銀も随時その時々の経済状況を踏まえて市場関係者等にもコミュニケートしていきたい。

これを日銀の金融政策正常化の一歩前進と捉えた向きもあったのか、一時的に円相場は円高に振れている。

海外メディアの関心事

では、海外の主要金融メディアはこのニュースをどう伝えただろうか。
内部検討を進めているという部分は共通するが、それ以外の部分を書き出しておこう。

Bloomberg
・金融機関収益への悪影響
・景気後退リスク

Reuters
・共同声明に謳った財政健全化の重要性
・金融機関収益への悪影響

CNBC
・日銀の独立性

金融機関への悪影響への関心とは、金融危機とまではいかなくとも、金融仲介機能の阻害を心配する声である。
これは金融政策そのものへの関心と言える。
一方、財政や日銀の独立性への関心とは、金融政策が政治利用されたり、財政従属に陥ったりすることを心配したものだ。
CNBCでは明言している。

「日本の公的債務はGDPの2倍以上だ。
このため多くの識者は、仮に2%物価目標が達成できたとしても、日銀は利上げしないのではと疑っている。」

(次ページ: 疑問の中核に答えない)


ページ:  1 2

 - 国内経済