投資

VIXの読み方と債券の未来:ジェレミー・シーゲル
2020年7月10日

ジェレミー・シーゲル教授によるウィズダムツリーのポッドキャストでの興味深い発言をいくつか紹介しよう: VIXと米国債だ。


VIXが28なのは(過去の)平均よりかなり高い。
これが私に教えてくれるのは、多くのヘッジが行われているということだ。

シーゲル教授が恐怖指数とも呼ばれるVIX指数の見方を解説している。
教授によると、VIXの長期的な水準は10、11、12あたりだといい、20を超えると長期的に回帰すると見るのだという。
教授は現状の28を悲観的に捉えておらず、むしろ前向きに受け取っているという。

大きなVIXはたくさんの人が恐怖し自身のポジションを守ろうとしてプット・オプションを買いたがっていることを反映するものだ。

足元はVIXが跳ね上がり株価が急落しているわけではない。
高値圏で投資家がリスクを認識してヘッジをしているのだから、むしろ健全と言いたいのだろう。

VIXとはS&P 500指数のオプションのインプライド・ボラティリティだ。
オプションの買い手が増えればオプション・プレミアムが上昇し、インプライド・ボラティリティも上昇する。
本来ボラティリティには上昇・低下の別はない。
しかし、実際には株価下落とボラティリティ上昇が共存するケースが圧倒的に多い。
だから、低いVIXの方が投資家は安心であることが多い。

シーゲル教授の見方は少し違う。

心配すべきなのはVIXが10、9となって・・・市場が完全に自己満足に陥った時だ。
・・・その時こそ何かおかしなことが起こるんだ。

米国債と債券ファンド

シーゲル教授は債券ファンドの今後について尋ねられている。
答の中で、ヘッジ手段としての米国債について語っている。

「今回のような危機、金融危機では米国債は投資家を守ってくれる。
しかし、それはとても高くつくヘッジになる。」

米国債についてデフォルト・リスクを心配する必要はなかろうから、心配事は金利上昇にともなう価格下落のリスクとなる。
教授はインフレ、長期金利上昇を予想している。
米国債といえども、これらの脅威からは逃れられない。

第2次大戦後のブームを彷彿とさせる:ジェレミー・シーゲル

シーゲル教授は今後3-5年で債券ファンド離れが進み、株式ファンドへマネーが移動すると予想する。

私はこれが1年限りの現象ではないと考えている。
債券利回りの趨勢的なトレンドが始まり、それが趨勢的な(債券の)弱気相場の始まりになると考えている。


-投資
-, ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。