「 米国株 」 一覧

FRB金融政策と経済・市場のゆくえ:グッゲンハイム

2019/02/21

Guggenheim Partnersのスコット・マイナード氏が、20日に公表された先月のFOMCの議事要旨についてコメントしている。 その内容から、今後の米経済政策を予想している。

米国株市場が終わる時:ジェフリー・ガンドラック

2019/02/21

新債券王ことDoubleLine Capitalのジェフリー・ガンドラック氏のYahoo Financeインタビュー号外編の第2弾。 典型的な弱気相場の進み方を解説し、今後の見極めポイントを語っている …

リーマン危機でも月間下落は10%超だった:カイル・バス

2019/02/15

ヘイマン・キャピタルのカイル・バス氏が、2020年半ばまでに米経済が景気後退入りすると予想した。 バス氏はサブプライム/リーマン危機の到来を予想し的中させたことで有名。

ウォール街

今後10年の米国株市場での投資術:バンガード

2019/02/13

バンガードのCIOグレッグ・デイビス氏が、今後10年間での米国株市場のリターンを予想している。 その上で、低リターン時代の投資術として、しっかり遠回りに自社をアピールした。

グレート・モデレーションは生きている:ゴールドマン・サックス

2019/02/13

ゴールドマン・サックスが20世紀以降の米景気後退のケース・スタディーを行った。 それによると、景気後退を引き起こす要因が5つ抽出されたという。

Blackstone

サイクルはまだ半ば、高ベータ株アウトパフォームへ:ブラックストーン

2019/02/10

Blackstoneのジョー・ザイドル氏が、米国株市場について強気スタンスを継続した。 FRBがハト派側にスタンスを調整した今、同氏の強気を止める材料はなくなったようだ。

デニス・ガートマンが起こすかもしれない大トレンド転換

2019/02/10

米市場において、数年ぶりに大きなトレンド転換が起こるかもしれない。 というのは、このところデニス・ガートマン氏の予想が当たっているのだ。

格差対策のための所得増税・資産税に対する投資戦略:マーク・ファーバー

2019/02/06

スイス人著名投資家マーク・ファーバー氏が、世界の格差問題と投資戦略へのインプリケーションについて書いている。 今後、西側諸国が所得増税や資産税導入を検討するようになると予想しているという。

根拠なき熱狂はいつもどこかに存在する:ロバート・シラー

2019/02/05

資産価格の実証的研究で2013年ノーベル経済学賞を受賞したロバート・シラー教授が、株式に割高感がある場合の投資法をあらためて説いている。 今は1990年代とは異なるとしながら「根拠なき熱狂」はいつもど …

米国株上げ幅は上方修正も:ジェレミー・シーゲル

2019/02/04

ウォートンの魔術師ことジェレミー・シーゲル教授が、米国株市場について強気を強めている。 昨年末5-15%としていた上げ幅予想を上方修正する可能性が出てきたという。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。