「 米国債 」 一覧

ドル円相場-円高ドル安を見込むのはまだ早い:佐々木融氏

2019/03/27

JP Morganの佐々木融氏が、米イールド・カーブの一部長短逆転にコメントした。 今回の逆転はだましの可能性もあるとし、仮に景気後退が来る場合でも急いで円を買うのは早計と話した。

MMTが示唆するパラダイム・シフトと市場への影響:PIMCO

2019/03/24

米国において左派が引用し脚光を浴びているモダン・マネタリー・セオリー(MMT、現代貨幣理論)について債券ファンドPIMCOがコメントしている。 同社は冷静にMMTが主張される背景を読み取ろうとしている …

米国株市場急落の原因:グッゲンハイム

2019/03/23

22日の米国株市場は、S&P 500指数が1.9%下落するなど大幅反落、米国債が買われた。 この動きについて、Guggenheim Partnersのスコット・マイナード氏が解説している。

2007年に似ている:ジェフリー・ガンドラック

2019/03/22

債券王ことDoubleLine Capitalのジェフリー・ガンドラック氏は、現在の市場の雰囲気が2007年に似ていると指摘した。 2007年とはサブプライム/リーマン危機の直前を指している。

【Wonkish】オプションの売りによる利回り向上

2019/03/19

日本生命が外債運用においてデリバティブも用い利回り向上に努めている。 その一例について、金融初心者向けに、通貨オプションの基本に立ち返って解説してみよう。(浜町SCI)

米金利を予想するために見るべきところ:モハメド・エラリアン

2019/03/17

Allianz首席経済アドバイザー モハメド・エラリアン氏が、米債券・株式市場の戦略について説いている。 いずれの推奨にもさじ加減が難しい市場環境が現れている。

円高ドル安阻止のため米国債を買え:藤巻健史議員

2019/03/14

藤巻健史参院議員が、日本の金融・財政政策の見通しとジョージ・ソロス氏の思い出について語っている。 最近はすっかり仮想通貨業界の応援団としての露出が多くなっていたが、本来最も注力すべきテーマはもっと大き …

米長期債ボイコット、米ドル相場下落:ジェフリー・ガンドラック

2019/03/13

債券王ことDoubleLine Capitalのジェフリー・ガンドラック氏がウェブキャストで、モダン・マネタリー・セオリー(MMT)を痛烈に批判した。 以前から緩み続ける米財政規律を警告していたが、日 …

リスク資産が上がりやすいニュー・ノーマルの時代:白井さゆり教授

2019/03/10

元日銀審議委員 白井さゆり慶應義塾大学教授が、FRBのバランスシート正常化と世界の金融市場の方向性について解説した。 世界の金融市場は長く緩和的な環境に置かれ、金融不安定を起こしやすくなると予想される …

フリーランチと経済学者の責務:ローレンス・サマーズ

2019/03/08

ローレンス・サマーズ元財務長官(現ハーバード大学教授)が、モダン・マネタリー・セオリー批判の輪に加わった。 ハト派経済学者とMMT論者とは連続した空間にいるようにも見えるが、その違いを読み解こう。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。