「 新興国 」 一覧

グッゲンハイム スコット・マイナード

あと12年、金利上昇の心配はない:スコット・マイナード

2020/04/07

グッゲンハイム・パートナーズのスコット・マイナード氏が、金融環境の長期的な見通しをいつものようにホライズン付きで述べている。

【短信】フェアバリューは下がっていない:GMO

2020/03/15

バリュー投資家として知られるジェレミー・グランサム氏のGMOが、最近の株価下落をチャンスと見ている。

ハリネズミを抱きしめろ:マーク・モビアス

2020/03/13

新興国市場投資の大ベテラン マーク・モビアス氏が、新興国市場の狙い目と金投資について語っている。

ブラックロック

日本・EM・ハイイールド選好を継続:ブラックロック

2020/02/20

資産運用の世界最大手ブラックロックが昨年末に公表した2020年世界見通しを微調整している。

インドは1,000%リターンが狙える:ジェフリー・ガンドラック

2020/02/14

ジェフリー・ガンドラック氏による、ある講演の第2弾: EU崩壊を予想し、新興国市場、特にインドを奨めている。

どの国・地域の株がいいか:ジェフリー・ガンドラック

2020/02/08

債券王ことダブルライン・キャピタル ジェフリー・ガンドラック氏の対談の第3弾: コモディティ、世界の株式についてのスタンスを語っている。

ウィルスが生み出す投資チャンス:マーク・モビアス

2020/02/04

新興国市場投資の大ベテラン マーク・モビアス氏が、コロナウィルスについての見通しを述べ、投資のチャンスを語っている。

メルト・アップは1月末まで:ゴールドマン

2020/01/08

ゴールドマン・ サックスのザック・パンドル氏が、米国株市場の見通しとアジアでの投資機会について話している。

ジム・オニール

【短信】2020年の新興国市場を決める3つの条件:ジム・オニール

2019/12/27

BRICsの生みの親ジム・オニール氏が、2020年の新興国市場を占っている。

新興国市場に千載一遇のチャンス:モハメド・エラリアン

2019/12/16

アリアンツ首席経済アドバイザー モハメド・エラリアン氏が、欧州経済の失速を指摘し、条件付きで新興国市場における投資チャンスを奨めている。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。