「 ローレンス・サマーズ 」 一覧

ローレンス・サマーズ

サマーズ:トランプの税制改革は底辺への競争

2017/09/08

ローレンス・サマーズ元財務長官(現ハーバード大学教授)が、トランプ政権・共和党の税制改革案にダメ出ししている。 反トランプの一環にすぎないと聞き流せばいいことか、それとも税制改革には期待できないという …

ローレンス・サマーズ

サマーズ:労使のバランスを取り戻せ

2017/09/05

ローレンス・サマーズ元財務長官(現ハーバード大学教授)がLabor Dayの4日「米国はかつてなく組合を必要としている」と題するブログを公表している。 賃金が上がらないから組合をという主張は猿知恵のよ …

ローレンス・サマーズ

ローレンス・サマーズ:バブルは崩壊させるべきなのか?

2017/08/27

ローレンス・サマーズ元財務長官(現ハーバード大学教授)が、ジャクソンホールのシンポジウム(24-26日)出席を見送った代わりに、金融政策についての意見を表明している。 このところトランプ批判に忙しかっ …

ローレンス・サマーズ

サマーズ:金融政策の枠組みが変わる

2017/08/16

ローレンス・サマーズ元財務長官(現ハーバード大学教授)が、FRBの任務は今後ますます困難になるだろうと予想した。 不況や金融危機のリスクを挙げながらも、最大の懸念は政治になると指摘した。

ローレンス・サマーズ

ローレンス・サマーズ:トランプの3%成長が不可能な理由

2017/06/03

ローレンス・サマーズ元財務長官(現ハーバード大学教授)がトランプ政権の経済成長予想に疑義を唱えている。 客観性を欠いた実現性のない数値だとし、政権中枢のバンカーらを厳しく批判している。

ローレンス・サマーズ

ローレンス・サマーズ:異常が重ならなければ

2017/06/01

ローレンス・サマーズ元財務長官(現ハーバード大学教授)が、自説の趨勢的停滞論への自信を強めているという。 2013年11月のIMF会議で可能性を示唆して以来、状況は趨勢的停滞の特徴を濃くしてきているの …

ローレンス・サマーズ

ローレンス・サマーズ:金融規制の3つの事実と5つのポイント

2017/05/23

ローレンス・サマーズ元財務長官(現ハーバード大学教授)が米金融規制、ドッド・フランク法の改正議論についてコメントしている。 先入観に背中を押されて拙速に陥ることなく慎重に進めるべきとし、3つの事実と5 …

榊原英資教授:実弾のない口先介入は効かない

2017/04/14

ミスター円こと青山学院大学 榊原英資教授が1ドル100円に向けた円高進行を予想した。 市場が考えるほどには米経済は強くないとし、日本の追加緩和も考えにくいためだ。

ロバート・シラー:ロボット税に賛成

2017/03/26

ロバート・シラー教授が人間だけでなくロボットにも課税しようというアイデアに賛意を示している。 その主張からは、格差問題への不作為を続けてはいられないとの焦りが感じられる。

ローレンス・サマーズ

サマーズ:ロボット税は進歩に対する保護主義

2017/03/07

ビル・ゲイツ氏によるロボット税の提案に対し、ローレンス・サマーズ元財務長官(現ハーバード大学教授)が「見当違い」と反対意見を述べている。 ロボット税は技術革新を抑制する方向に働き、進歩に対する保護主義 …

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。