「 ローレンス・サマーズ 」 一覧

甘く考えるな:ローレンズ・サマーズ

2018/12/24

ローレンス・サマーズ元財務長官(現ハーバード大学教授)が、珍しく投資家向けアドバイスを語っている。 米経済・市場のリスクは増したとし、投資家がとるべき基本的スタンスを推奨している。

ローレンス・サマーズ:中立金利は重要でない

2018/12/04

ローレンス・サマーズ元財務長官(現ハーバード大学教授)が、今後の金融政策のリスクについて語った。 その語り口は、あたかもレイ・ダリオ氏が憑依したかのようだ。

【短信】サマーズ:2年内の景気後退入りは半々

2018/11/17

ビル・クリントン政権の財務長官 ローレンス・サマーズ ハーバード大学教授が、景気後退が近づいていると予想した。 これを避けるため、FRBの金融政策正常化は慎重であるべきとハト派の主張を繰り返している。

ローレンス・サマーズ:言い方が違う

2018/11/07

ビル・クリントン政権の財務長官 ローレンス・サマーズ ハーバード大学教授が、中央銀行の独立性について論じている。 次の景気後退期には、政策効果を最大化するため金融・財政政策の協調が必要と説いている。

ローレンス・サマーズ:米経済の3つのリスク

2018/10/09

ローレンス・サマーズ元財務長官(現ハーバード大学教授)が、金融政策を緩和的に維持するようFRBに注文をつけた。 現時点ではインフレのリスクより経済悪化のリスクの方が深刻なためだという。

ケネス・ロゴフ:経済は回復した

2018/09/19

元IMFチーフ・エコノミスト Kenneth Rogoffハーバード大学教授が、景気の現状・先行きについて解説している。 『国家は破綻する』の著者が先進国経済について、ずばり金融危機再発の有無を占って …

クルーグマン:スティグリッツの批判はコミュニケーション問題

2018/09/13

ジョセフ・スティグリッツ教授による趨勢的停滞論の批判が困惑をもって受け取られている。 ポール・クルーグマン教授もその1人だ。

ジョセフ・スティグリッツ

スティグリッツ:趨勢的停滞論は誤り、言い訳

2018/09/08

ジョセフ・スティグリッツ教授が、趨勢的停滞論を厳しく批判している。 リーマン危機後を振り返り、オバマ政権の失策を解説した。

ローレンス・サマーズ:連邦職業保証の3つの課題

2018/07/05

ローレンス・サマーズ元財務長官(現ハーバード大学教授)が、進歩主義者の中で提唱されている連邦職業保証(federal job guarantee)について論じている。 労働者を守るのは技術革新や自由貿 …

サマーズ:リスクはFRBの金融引き締め

2018/07/01

ローレンス・サマーズ元財務長官(現ハーバード大学教授)が、FRBの金融政策に対し懸念を示した。 多少のインフレは許容し、引き締めすぎで景気後退を招くことのないよう注文をつけた。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。