「 ロバート・シラー 」 一覧

次の景気後退は1937-38年に似たものになりうる:ロバート・シラー

2019/10/05

ロバート・シラー教授が昨日発表の米雇用統計へのコメントの中で、現在が1937-38年に似たものになりうると話している。

前回の危機の前と同じぐらいみんな心配している:ロバート・シラー

2019/09/27

ロバート・シラー教授が、足元で前回の危機前と同程度、景気後退への危機感が高まっている可能性を指摘した。 現状、消費主導で良好な状態を続ける米経済だが、ナラティブは移り気なのだという。

みんなそんなに心配していない:ロバート・シラー

2019/09/24

資産価格の実証的研究で2013年ノーベル経済学賞を受賞したロバート・シラー教授が、資産市場が脆弱になっていると警告している。 危機から10年、人々の記憶も薄まり、やや油断が広まっているかもしれないと話 …

ビル・ゲイツの経済学者批判はいくらか正しい:ロバート・シラー

2019/09/20

ロバート・シラー教授が、経済学や経済学者への批判に答えている。 ビル・ゲイツ氏による経済学者の存在価値を疑う発言への反応だ。

2つの市場の自己実現的な予言:ロバート・シラー

2019/09/18

ロバート・シラー教授が2つの市場の経験則について語っている。 1つは債券市場、もう1つは住宅市場だ。

ナラティブ経済学とは何か:ロバート・シラー

2019/09/17

資産価格の実証的研究で2013年ノーベル経済学賞を受賞したロバート・シラー教授が、ナラティブ経済学の必要性を語っている。 この主張、単なる新著のPRをはるかに超え、壮大な野望なのかもしれない。

大恐慌ナラティブは生きている:ロバート・シラー

2019/09/14

ロバート・シラー教授が、突如として古いナラティブが蘇り大流行する可能性を指摘している。 好調な米消費の陰には、リーマン危機を苦しめた大恐慌ナラティブが息をひそめていると警告している。

世界が日本化するナラティブ:ロバート・シラー

2019/09/11

ロバート・シラー教授が、足元の米経済・市場心理について悪い状況ではないと話している。 その一方で、ボラティリティ上昇などのきっかけで恐ろしいナラティブが人々の脳裏に蘇れば、次の景気後退が予想以上に過酷 …

【短信】来年までの景気後退確率は50%未満:ロバート・シラー

2019/09/10

資産価格の実証的研究で2013年ノーベル経済学賞を受賞したロバート・シラー教授が、来年までに景気後退入りする確率を50%未満と予想した。 停滞期が来てもおかしくないとしながら、はっきりと確信できるよう …

FIAが財産形成を助けるかも:ロバート・シラー

2019/09/08

ロバート・シラー教授がバークレイズと連名で老後資金についてのレポートを公表した。 日本ではなじみの薄いFIA(インデックス連動型年金、株価指数連動型年金)の可能性を示唆している。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。