「 ピーター・シフ 」 一覧

問題の原因の政策で問題を解決しようとしている:ピーター・シフ

2019/05/13

Euro Pacific Capitalのピーター・シフ氏が、赤字ユニコーン企業のIPOの意味するところを解説している。 誤った政策が経済に問題をもたらし、その対処に再び同じ政策が用いられる連鎖を悲観 …

好調な雇用統計に隠れた凶兆:ピーター・シフ

2019/05/11

Euro Pacific Capitalのピーター・シフ氏が、痛烈にトランプ大統領を批判している。 大統領の自慢する好景気はまやかしだとし、あわせて不動産市場によくない兆しが見られると警告した。

米ドル高を支える幻想:ピーター・シフ

2019/05/06

Euro Pacific Capitalのピーター・シフ氏が、米国による対イラン制裁とドル相場についてコメントしている。 ドル相場に関する幻想が消えるとき、米ドルは下落を始めるという。

金融緩和が資本主義の機能を妨げる:ピーター・シフ

2019/04/13

Euro Pacific Capitalのピーター・シフ氏が、米市場における大型新規上場についてコメントしている。 いつもながら独断的な視点ではあるが、底流に正論が語られていて興味深い。

環境変化は言い訳にすぎない:ピーター・シフ

2019/03/26

Euro Pacific Capitalのピーター・シフ氏が、ハト派への転換を鮮明にしたFRBについてコメントした。 いつもながらベアな見方だが、今回は特にFRBに対する批判がすさまじい。

国家は借金で豊かにならない:ピーター・シフ

2019/03/12

Euro Pacific Capitalのピーター・シフ氏が、いっそう拡大しそうな米財政に危機感を示した。 歳出増が国家を貧しくしているとの主張だ。

金融政策の正常化は不可能:ピーター・シフ

2019/02/09

Euro Pacific Capitalのピーター・シフ氏が、金融政策正常化について語っている。 債務を多く抱える経済では金利を正常化することができず、それが向かうのはインフレだと予想した。

量的緩和の罠に囚われるFRB:ピーター・シフ

2019/02/03

Euro Pacific Capitalのピーター・シフ氏は、FRBが金融緩和への逆戻りを強いられると予想している。 その展開は、量的緩和拡大時に心配された《QEトラップ》そのものである。

明日ガンになるわけじゃない:ピーター・シフ

2019/01/24

Euro Pacific Capitalのピーター・シフ氏が、終末論を語り続ける理由を話した。 また、政府閉鎖についてユニークな見方を披露している。

米中貿易摩擦解消がもたらす不都合な帰結:ピーター・シフ

2019/01/23

Euro Pacific Capitalのピーター・シフ氏が、米市場の弱気相場を宣言し、景気後退入りを予想した。 あわせて、米中貿易摩擦の解決は、米経済により深刻な問題をもたらすと解説した。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。