「 バイロン・ウィーン 」 一覧

バイロン・ウィーンの「2019年の10のサプライズ」

2019/01/04

ブラックストーンが、バイロンR.ウィーン氏による1986年以来34年目となる恒例の「10のサプライズ」を顧客に送った。 昨年と比べると楽観が後退した感は否めないが、依然としてウィーン氏の強気は健在だ。

バイロン・ウィーン:セリング・クライマックスを迎えつつある

2018/12/09

Blackstoneのバイロン・ウィーン氏が、米国株市場について強気の見通しを継続した。 米中の経済は良好であり、今はセリング・クライマックスを迎える過程だという。

バイロン・ウィーン:1998年に似ている

2018/12/05

Blackstoneのバイロン・ウィーン氏が米市場について強気の予想を続けている。 ウィーン氏は、現在が1998年に似ていると考えている。

バイロン・ウィーン:米国株はアンダーシュート

2018/11/15

Blackstoneのバイロン・ウィーン氏は、米国株市場がアンダーシュートの状態にあると話した。 流動性の恐怖が市場を弱気にしているとする一方、自身は来年の米市場にも悲観していないと述べた。

【短信】ウィーン:最大のリスクは金利上昇ではない

2018/11/11

Blackstoneのバイロン・ウィーン氏が、年末に向けて米国株の上昇を予想した。 10月の米市場の調整で米株価は割安圏に入ったという。

バイロン・ウィーン:強気相場はまだ1年以上続く

2018/10/30

Blackstoneのバイロン・ウィーン氏が、11月の市場コメンタリーで従前からの強気予想を継続した。 米国株の強気相場は少なくともあと1年は続くという。

バイロン・ウィーン:来年もいい年になる

2018/10/18

Blackstoneのバイロン・ウィーン氏が、トレードマークの楽観論を展開した。 インフレ・金利は恐れるような水準ではなく、米市場は来年もいい年になるだろうという。

バイロン・ウィーン:好景気予想の本当のワケ

2018/10/15

Blackstoneのバイロン・ウィーン氏が、2021年まで景気後退はないとする予想の根拠を明かしている。 これまで言及してきた景気先行指標の他に、やや心配な根拠が隠されていた。

バイロン・ウィーン:弱気相場入りではない

2018/10/12

Blackstoneのバイロン・ウィーン氏が11日、大幅株安の中でもS&P 500の年末3,000予想を維持した。 現在は、中間選挙後の上昇が始まる前の一時的調整にすぎないという。

バイロン・ウィーン:新興国市場はそろそろ

2018/09/30

Blackstoneのバイロン・ウィーン氏が、10月の市場コメンタリーで市場ごとに丁寧にコメントしている。 米国株に急騰は期待できないとする一方、新興国市場へのエントリーの好機が近づいているという。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。