「 デニス・ガートマン 」 一覧

興味深いが生きにくい世界:デニス・ガートマン

2019/08/18

デニス・ガートマン氏が、現状の困難な投資環境に対する戸惑いを吐露している。 日本を引き合いに、米市場も長期的に低金利が続きかねないと指摘している。

7月FOMCは25 bp利下げしかありえない:デニス・ガートマン

2019/07/25

デニス・ガートマン氏が、来週のFOMCを占った。 市場の受け取り方から考えて25 bp利下げしかありえず、それ以外なら悲惨な影響が及ぶという。

今はハイイールドと金:デニス・ガートマン

2019/07/10

デニス・ガートマン氏が、米国株市場について強気相場継続を予想した。 ところが、不思議なことに、投資推奨には米国株が入っていないのだ。

【短信】わずかにショートしている:デニス・ガートマン

2019/05/04

著名投資家デニス・ガートマン氏が、現状の米国株市場についてコメントした。 米国株は危険な水準・時点にあり、ニュー・マネーを投じるべきでないと話した。

長期なら間違いなく米国株は買い:デニス・ガートマン

2019/02/22

デニス・ガートマン氏が、米国株市場への対処のしかたをポジション別・ホライズン別に解説している。 長期投資を前提とするなら、米国株は買いで間違いないと太鼓判を押している。

デニス・ガートマンが起こすかもしれない大トレンド転換

2019/02/10

米市場において、数年ぶりに大きなトレンド転換が起こるかもしれない。 というのは、このところデニス・ガートマン氏の予想が当たっているのだ。

リッツカールトンなみの学生寮の弊害:デニス・ガートマン

2019/01/21

コモディティ王デニス・ガートマン氏が農業関連誌のインタビューで、トランプ政権の政策やマクロ経済について語っている。 保守の名を借りたポピュリストへの正統的保守層の怒りが存分に感じられる。

数か月ぶりに米国株に強気に:デニス・ガートマン

2019/01/18

デニス・ガートマン氏が、昨年の夏以来久しぶりに米国株市場について強気予想を語った。 その根拠は、ある重要なセクターの株価回復だ。

【短信】量的引き締めは危なすぎる:デニス・ガートマン

2019/01/09

デニス・ガートマン氏が、FRBの進める量的引き締めの危険性を喚起している。 にもかかわらず、FRBは翻意しないだろうと予想している。

2019年は7-10%の下げの年に:デニス・ガートマン

2019/01/05

デニス・ガートマン氏が、2019年の米国株市場の下げを予想した。 米経済はマイルドな景気後退に入り、2020年までは続かないだろうとした。

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。