クルーグマン:DBCFTはドル高要因

大統領や共和党が国境税の議論を進める一方で、ポール・クルーグマン教授が静かに理論的背景をレクチャーしている。
貿易理論をホーム・グラウンドとする教授の話だけに、聴いておかない理由はない。


国境税の3つのタイプ

輸入品にかかる税金をすべて関税と呼ぶのは少々誤解を生みやすい。
最近注目されている3つのタイプを理解しておこう。

  • 付加価値税(VAT)
  • 共和党が提案する国境調整(Destination-Based Cash Flow Tax border adjustment、DBCFTの国境調整)
  • トランプ大統領が主張する関税

米国が国外から財を輸入する場合を考えよう。
1つめのVATとは、輸入品の付加価値部分にかかるべきVAT(=国外で生じた付加価値に対するVAT)相当額を輸入時に徴収するというもの。
海外生産で取り漏れるVATを輸入時に取っておこうという考えだ。
クルーグマン教授は「付加価値税は保護主義ではなく、為替レートの変化さえもたらさない」と結論している。
この性格から、WTOでもVATのような間接税の国境調整を認めている。


定率関税はアウト

一番単純なのは、トランプ大統領が主張する関税だ。
これは、輸入額に対して、たとえば35%とか45%とかの税率を課すというもの。
言うまでもなく、WTO加盟国は一定率以上の関税を課さないことを約束している。
トランプ氏の主張は、関税の部分だけを取り出して言う限り、WTO違反だ。
そして、関税は貿易収支を動かし、為替レートを動かす

(次ページ: DBCFTはドル高)


ページ:  1 2

 - 海外経済, 政治 , ,