Exclusive 投資

【休憩】ガンドラック:2018年のブロジェット
2018年4月6日

アマゾン株で億万長者になれた

ガンドラック氏のツイートは思った以上の反響を呼んだ。
世のアマゾンあるいはブロジェットのファンがカチンと来たらしく、ガンドラック氏に食ってかかったのだ。
そのファンは、ブロジェット氏の推奨通り買って持ち続ければ、億万長者になっていたと主張する。


アマゾン株価
アマゾン株価

確かに株価チャートを見る限り正しいように見える。
しかし、真相はそれほど単純ではない。
真相はドットコム・バブル前後で何が起きたかを見なければ見えてこない。

急落に耐え有望株を持ち続けられるか

アマゾン株価(ドットコム・バブル前後)
アマゾン株価(ドットコム・バブル前後)

なんだかビットコインのチャートに似ているように見えてしまうが、錯覚だろう。
ガンドラック氏はこう返している。

もしもあなたが最初の85%下落でも持ち続けていたんなら、そのとおりだ。

さらに言えば、アマゾンの株価は収益とともに上昇してきたとは言いがたい。
同社のPERはEPSをどこで取るかによるが、200-300倍を超える水準にある。
アマゾンが市場の期待を具現化できなければ、ドットコム・バブルが繰り返す可能性も残っている。

最後のひと上げは終わったのか

ガンドラック氏はビットコインを今回の根拠なき熱狂の象徴的存在と考えている。
では、今回のバブルは終わったと考えてよいのだろうか。
ガンドラック氏はまだ決めかねているように見える。

一方、レイ・ダリオ氏など景気サイクルを論じる人たちは、景気サイクル終期に株価が上昇する経験則を口にする。
今回これは起こらないのだろうか。
あるいは、ビットコインがそれだったのか。

通常この最後のひと上げは一般大衆が主導する。
株式市場に投資に不慣れな大衆が殺到したかといえばNoだ。
一方、その人たちが代わりにビットコインやETFに殺到した可能性は否定できない。
もしもそうならば、残ったのはとてもつまらない相場ということになる。


> 前のページへ 

-Exclusive, 投資
-, ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。