Exclusive 国内経済

日本銀行 【First Read】日銀「総括的な検証」
2016年9月21日

実は様変わりする日銀の政策

総じて、実に率直な政策見直しと言えるだろう。
いくつかポイントをおさらいすると


  • 目標達成の期間の柔軟化
  • マネタリー・ベース目標は後退
  • 期待に働きかける手法は維持されたが、以前ほどには強い期待を望んでいないように見え、事実上後退のように見える
  • 国債買入れ額の柔軟化
  • 長期金利ダーゲティングを導入
  • 今後の緩和強化は、マイナス金利+長期金利操作で行われ、これは長期国債買入れ額減(≒テイパリング)につながる

リスク1)底なし沼

気になるのは、今回の手法の中に、目標を決めていつまでもどこまでもやると定めたところが2点あることだ。

  • 長期金利をゼロ%程度になるまで国債を買う
  • 2%の物価目標を達成するまで緩和を続ける

これらは市場の期待形成のために必要なコミットなのだが、同時にリスクにもなりうる。
前者を例に説明しよう。

最近まで日本の長期金利はマイナス圏で推移していた。
それをゼロ%程度まで上昇させるという話だ。
このように、金利上昇側の場合は、国債買入れ額の節約となるからいいのだが、何らかの理由で長期金利に上昇側の圧力が加わると話が違ってくる。

ベン・バーナンキ元FRB議長は、中央銀行がフォワード・ガイダンスによって市場から信認を得ておくことが重要と書いた。
金融政策が信認を得ていれば、たいした量の買い入れを行わなくても、目標の金利は達成されるが、信認を得ていなければ、大量の国債を買い入れなければいけないという。
これこそ、市場の期待の形成のされかたである。

仮に信認が不十分で、何かのきっかけで長期金利の上昇圧力が加わってしまうと、日銀は

  1. 際限なく国債を買い入れる
  2. マイナス金利を引き下げる
  3. 長期金利ターゲットを放棄する

のいずれかを選ばざるをえなくなる。
その結果が向かうのは

  1. 日銀の財務の一層の悪化
  2. 銀行などの金融機関への悪影響
  3. 市場の大混乱

であろう。

(次ページ: 銀行の業績悪化がとまらない)


> 前のページへ  > 続きを読む 

-Exclusive, 国内経済
-

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。