エラリアン:仮想通貨はマネーではない

独Allianz首席経済アドバイザー モハメド・エラリアン氏が、仮想通貨の将来についてコメントしている。
存続すると言いながらも、限定的な存在にとどまるだろうと話している。


「仮想通貨は存在し続け、もっともっと広まるだろう。
しかし、それは生態系の一部としてだ。
当初の支持者が信じたほどには有力なものにはならないだろう。」

エラリアン氏の仮想通貨のコンファレンスでの発言をReutersが伝えている。
同氏がこの種のコンファレンスに呼ばれるのには理由があろう。
エラリアン氏は、主流の市場関係者の中ではかなり仮想通貨に対して寛容なスタンスを示してきた。
長い目で見れば、政府発行のデジタル通貨も普及するはずと予想したこともある。
昨年末をピークとする高騰は投機的な動きだったとしながら、それ以降の下落について、むしろ仮想通貨の将来にとってプラスに働くと考えている。

「ある種のローテーションが見受けられ、望むならリテイルもありうるようになっている。
熱狂が去り、機関投資家が手を付け始めたことは、長期的に見ていいことだ。」

仮想通貨にまだ決済手段を期待するなら、高騰はマイナスでしかない。
高騰する通貨を支払いに使いたい人はいないはずだ。
だから、市場の鎮静化は決済手段としての価値にプラスなのだろう。
これはある程度、投機対象としての価値を下支えする。
また、純粋な投機対象としても、あまりに大きく変動するものは扱いにくいから、下げて安定に向かうならプラスだろう。


ビットコイン価格
ビットコイン価格

エラリアン氏は、仮想通貨市場の急騰と暴落について驚くことではないという。
過剰な消費(投資家による購入)がビットコインを20,000ドル近くまで押し上げた。
価格高騰でマイニングの儲けも高騰、供給が急増し、それが現在の売られを引き起こしたと分析する。

エラリアン氏は、これを健全なサイクルだとし、冷めていく市場をプラスと見ている。
もっとも、熱烈なファンたちがそれをどう受け止めるかは別の話。
ファンのかなりの部分は、昨年までの高騰局面で参入した投機目当ての人たちだろう。
そう考えると、エラリアン氏の「生態系の一部」にとどまるとの予想は妥当であることがわかる。

仮想通貨は通貨の本質的な特徴を備えていない。
マネーを置き換えることはないだろう。

エラリアン氏は仮想通貨をコモディティに似たものと考えている。
これは日米を問わずコンセンサスの見方だろう。
通貨としてのお墨付きはもらえないものの、金・銀と並べてもらえるのだから大したものだ。

エラリアン氏は初めてビットコインを買ったことがあると明かした。
試しに1ビットコインを400ドルで買ったのだという。
これは2016年初めの価格水準だ。
今まだ持っていても10倍に化けていることになるから、同氏が仮想通貨に寛容なのも理解できる。
とにかく、こうしてエラリアン氏は勉強を始めた。

「最初は仮想通貨とその要素技術の違いもわからず、一緒にしていた。
私は進化し、その過程で学んだんだ。」

エラリアン氏は6月、5,000ドルならビットコインを買えると発言して注目を浴びた。
現在、ビットコインは5,000ドルを大きく割り込んでいるが、エラリアン氏が買い増したという話は聞かれていない。


 - 投資 ,