レイ・ダリオ:アルファに目を向けろ

ブリッジウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏が、投資ポートフォリオからベータリスクを取り除くよう説いている。
いつか来る弱気相場では、ベータを除去しアルファを追求できるかが勝負になるという。


弱気相場に入れば、アルファを獲得できる投資家はできない投資家に対し差別化するチャンスになる。

ダリオ氏のコンファレンスでの発言をCNBCが伝えている。
なぜ、弱気相場になればチャンスなのか。
それは、この言葉がヘッジ・ファンド業界に向けられたものであるからだ。
ヘッジ・ファンドとは本来リスク・ヘッジをしながらリターンを追求するファンドのことなのに、今ではすっかり《ヘッジ》の観点が忘れられている。

ヘッジ・ファンドがヘッジをかけながら運用するとどうなるか。
市場とはハイリスク=ハイリターン、ローリスク=ローリターンだから、リスクを減らせばリターンも減ってしまうかもしれない。
もちろん優秀な運用者はリスク/リターンのトレード・オフを上回る成績を上げることができるかもしれない。
これが投資のアルファだ。
しかし、平均をとれば、それはゼロに近い。
しかも、上げ相場ではパッシブ・ファンドのリターンが好調になるから、アルファだけでパッシブ・ファンドに勝つのが難しくなる。
そこで、ヘッジ・ファンドの運用者はヘッジを放棄し、パッシブ・ファンドに不利にならないよう市場へのエクスポージャー(ベータ)を残しておくのだ。
さもないと多くの運用者は首になってしまう(=投資家が資金を引き揚げてしまう)。


これが強気相場で起こっていることだ。
しかし、強気相場が終わると、状況はがらりと変わってくる。

「ほとんどの投資家は今ロング側にレバレッジをかけていると思う。
・・・だから、あなたたちはポートフォリオにベータをあまり入れない形で差別化を図らなければならない。」

強気相場ではヘッジをせずにポートフォリオにベータを残していた。
しかし、弱気相場になればベータは厄介者でしかなくなるから、これをイミュナイズしろという話になる。

「もしもファンドがインデックスやETFなどに投資したら、それが自己強化型の結果をもたらす可能性がある。
(市場が)下落した時に、保有していた投資家を守る方法は少ない。」

ヘッジ・ファンドや投資信託を含むさまざまな投資主体がベータを抱えていると、下げ相場になった時に売りが売りを生む展開になりかねない。
とりわけヘッジ・ファンドの場合は(完全ではないにせよ)ヘッジをしているはずなのに、この下げに飲み込まれていくことになる。
ダリオ氏は、ベータではなくアルファに目を向けろと説き、同社の2枚看板の1つPure Alpha Fundのコンセプトに触れている。

だからこそわたしは、あなたの持っている資産クラスが何であれ、それに付加するポータブル・アルファ戦略が望ましいと考えている。
投資家は誰しも戦略的な資産配分に努めなければならない。
つまり、全体の期間を通して中立的なポートフォリオを求め、そしてアルファが得られないか探すのだ。
これはゼロサム・ゲームであり、勝者と敗者を明らかにするだろう。


 - 投資 , ,