ピーター・シフ:ねじれ議会がインフレを押し上げる

Euro Pacific Capitalのピーター・シフ氏が、米中間選挙のインプリケーションを語っている。
財政拡大が好きな大統領と民主党が、米国の財政インフレを悪化させると予想している。


違いと言えば、民主党が下院を獲ったことだ。
財政支出ははるかに増え、低所得層・中所得層をターゲットとした減税が行われるだろう。
結果、以前のものよりインフレ的となり、財政へのインパクトも大きくなるだろう。

シフ氏がThe Income Generation Showで中間選挙の結果について語った。
同氏の基本的見通しは変わらない。
すでに米経済・市場はバブルであり、これから崩壊がやってくるというものだ。
次の不況はリーマン危機よりも悪くなるというのも従来どおりだ。

「(次の暴落幅は)50%に達するかもしれない。
平均の幅はともかく、たくさんの銘柄が50%をはるかに超える下落に見舞われるだろう。
どうなるかは、FRBが量的緩和でどれだけのインフレを解き放ってしまったかによるところが大きい。
FRBは(金融緩和で)株価下落を止めることはできるが、食品・エネルギー・生活必需品などの価格上昇を止めることはできない。」


シフ氏によれば、米国株が将来名目リターンを上げたとしてもインフレに勝てないという。
米国株保有者はドル価格が上昇しても、インフレにより購買力を失い貧しくなるというのだ。

「次の選挙は好景気の手柄を誇る選挙ではなく、破綻の責任をなすりつけ合う選挙になる。」

シフ氏によれば、度重なる米国のバブルはFRBが生み出したものだという。
バブルを生み出し、バブルを破裂させ、バブル後の後始末をする。
ドットコム・バブル、住宅バブルで見られた構図だ。
FRBはこの独り芝居を続けているという。

「FRBはおそらく景気後退、株式の弱気相場入り、不動産価格崩壊が目に見えるまで利上げを継続するだろう。
そうなるといつものことをやりだす。
利下げし、QE4を始める。」

シフ氏は次の金融緩和は以前ほど効果を上げないという。
何一つ根拠を挙げず、人の感情に働きかける話術はいつもながらさすがだ。

「スリー・ストライクでアウトだ。
QEの次のラウンドで起こるのはドルの崩壊であり、上がるのは消費者物価だけだ。」

シフ氏のライフ・ワークは、来たるドル崩壊に備えて、インフレに強い金融商品を顧客に提供することだ。
米国の株式・債券・不動産・ドルなど米資産を避け、次のような資産クラスから投資検討するよう推奨している。

  • 割安で配当のいい外国株
  • 金・銀、貴金属鉱山株
  • 新興国株(米ドル安で恩恵を受ける)

 - 海外経済, 投資 , ,