投資

ハワード・マークス ハワード・マークス:何に投資するかではない
2018年11月9日

感情をコントロールせよ

では、投資家はどうすればサイクルを見切ること、あるいは「市場の体温を診る」ことができるのだろう。


競争の激しい投資の世界でそれは容易ではないとマークス氏は言い、必要な3点を挙げた:
・訓練
・勉強
・感情のコントロール
中でも感情のコントロールは特に重要だという。

「周りのすべてが寄ってたかって私たちを間違った行動に駆り立てようとする。
状況が良くて価格が高い時に買わせ、状況が悪く価格が低い時に売らせようとする。
やるべきことと真逆だ。
すべて感情から来るもので、それを防がなければいけない。」

感情をコントロールして、《Buy low, sell high.》に逆行させようとする誘惑を振り払わなければならない。
サイクルを思い出せば、そうした誘惑が不合理なことに気づくはずだ。

市場で繰り返す現象に注目

マークス氏は、マーク・トウェインの言葉「歴史はまったく同じには繰返さないが、韻を踏む」を引用し、市場の歴史と重ね合わせている。
そこから、投資家が「市場の体温を診る」ためにやるべきことを示唆している。

韻という言葉が表すのは根っこの原因のことだ。
過大な楽観、不十分なリスク回避、過剰なマネー。
好景気のたびに私たちが目の当たりにしてきたことだ。
こうしたことこそ読者が市場環境を評価する時に観察すべきことなんだ。


> 前のページへ 

-投資
-, ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。