ロバート・シラー:住宅急落は予想していない

資産価格の実証的研究で2013年ノーベル経済学賞を受賞したロバート・シラー教授が、現在の市場心理を読み解いている。
現在とサブプライム危機前とでは市場心理の状況はまったく異なっているという。


「消費者信頼感は強いが、人々は少し引き始めているかもしれない。
新しい家、新しい家具、新しい車を買おうとはしていない。
『強い経済』というが、私は『熱狂的な経済』という言葉を好んで用いている。」

シラー教授がCNBCで話した。
教授は足元の米経済の好景気が心理的要因に大きく依存するものと考えている。
市場では大規模財政刺激策によるものと考える人が多いが、シラー教授はそれも1つの材料にすぎないと考えている。
むしろ大きいのは、プロ・ビジネスの大統領がもたらした心理的変化だとし、最近までの上げ相場を「心理と自由市場経済の複雑な相互作用の産物」と話していた。

最近の市場の下落については、人々が引き始めたためと、その心理を解説する。
とても長く続いた強気相場はそれだけでも不安を掻き立てるからだ。
その上で、最近の下げが単なる調整なのか本格的な弱気相場入りなのかはわからないと話している。


現在をサブプライム/リーマン危機前に似ているとする指摘に対しては、シラー教授はその相違を説明している。

「サブプライム危機は歴史的なイベントだった。
住宅価格の上下はかつて見たこともない大きなものだった。
さらに、各時点で人々が口にしていた言葉を見ると、突然『住宅バブル』という言葉がボキャブラリーに入ってきた。
2005-06年たくさんの人が何か悲惨なことが起こると考えていた。」

S&Pケース・シラー住宅価格指数(20都市)
S&Pケース・シラー住宅価格指数(20都市)

人々が暴落の可能性を意識するにつれ、現実に暴落が起こったのだという。
一方で、現在は「住宅バブル」への意識はまだ目立っていない。
市場心理の面で、サブプライム危機前とは異なるのだという。

2012年以来住宅価格が上昇していることをバブルと呼ぶとしても、同じではなく、もっと穏やかだ。
現時点で住宅市場が急落するとは私は予想していない。


 - 海外経済 , ,