海外経済 投資

エラリアン:レジーム・チェンジ下の2つの課題

独Allianz首席経済アドバイザー モハメド・エラリアン氏が、金融市場に変容が起こりつつあると解説している。
レジームが変化する中で、投資家は2つの課題を認識すべきという。


パーティーが終わったとは思わない。
今起こっているのは、レジーム・チェンジだ。
十分で予見可能な流動性を与えられていた市場から、ファンダメンタルズの格差が資産価格の決定要因になると考えるべき市場への変化だ。

エラリアン氏がCNBCで警告した。
米長期・超長期金利の上昇で始まった世界中での資産価格下落が鎮静化しない。
米金利上昇は一服ついたように見えるのに、リスク資産の動揺は収まらない。
エラリアン氏はこの状況を、市場参加者がレジーム・チェンジに気づいたためと解説する。

エラリアン氏はこの変化を長く予想してきた。
だから、何度かボラティリティが急騰することがあっても驚かなかったという。
これまでは、FRBが市場をゴルディロックスに保ってくれていた。
それが、金融政策正常化とともに終わりを告げたのだ。
FRBはかなり前からシグナルを出し続けてきたとエラリアン氏は指摘している。

レジーム・チェンジが進む今、エラリアン氏は2つの重大な課題が待ち受けているという。
1つ目は世界経済のダイバージェンスだ。
先進国と新興国の間だけでなく、先進国の中でもダイバージェンスが進んでいる。
長い間、同期することが多かった先進国経済の間でファンダメンタルズや市場の格差が広がっている。

米独金利差は高水準にまで拡大しており、これがさらに為替市場に圧力を及ぼすだろう。

2つ目の課題は流動性リスクだ。
エラリアン氏は、このリスクが過小評価されていると心配する。
ところが、ここ数週間このリスクが認識されるようになったという。

「流動性リスクが戻ってきた。
投資家は注意しろ。」


-海外経済, 投資
-,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。