エラリアン:新興国をどうしてもやりたいなら

独Allianz首席経済アドバイザー モハメド・エラリアン氏が、世界の経済・市場で進みつつある変化を解説している。
新興国市場への投資は時期尚早とし、どうしても投資する場合の条件を挙げている。


絶え間ない継続的な予想可能な中央銀行によるサポートという心地よい状態から、市場はファンダメンタルズという自分の足で立たなければならなくなった。
こうした変化は常に危うい。

エラリアン氏がCNBCで話した。
米経済こそ過熱感が疑われるほど好調だ。
しかし、世界経済には鈍化の兆しが見える。
結果、世界経済のダイバージェンスが拡大している。

エラリアン氏は、米経済・市場について、いつかは世界経済・市場とコンバージェンスしていくと言う。
そうなれば、市場のボラティリティは上昇し、上記の状態変化がいっそう加速していくだろうと予想する。


現在のダイバージェンスは米国株市場の一人勝ちを生んだ。
いつかコンバージェンスが来るなら、同市場の相対的なパフォーマンスが低下することを意味する。
それなら今のうちに乗り換えたいというのが人情だ。
しかし、エラリアン氏は、米国株市場から新興国市場へのシフトには否定的だ。

私はまだ早いと話している。
もしもどうしてもやるなら、為替リスクや高ボラティリティを覚悟しないといけない。
絶対にパッシブでやってはだめで、アクティブ運用者にならなければいけない。

新興国市場については概ね慎重な投資家が多いものの、チャンスとの指摘もまた多い。
バイロン・ウィーン氏は、同市場がすでにリスクを十分に織り込む水準まで下げたとし、割安感を指摘している。
一方、デニス・ガートマン氏は、一概に否定的ではないものの、同市場には流動性急減のリスクがあると話している。
JP Morganは、国別・セクター別・銘柄別の選別を条件に大きなチャンスのある分野と説明している。
いずれの指摘も、エラリアン氏の「アクティブ運用」が必要との指摘と矛盾しないものだ。


 - 海外経済, 投資