雨宮副総裁:仮想通貨は支払決済では普及しない

日本銀行の雨宮正佳 副総裁が日本金融学会で行った「マネーの将来」と題する講演がすばらしい。
通貨の基本から始まり包括的にテーマを網羅し、最後には「マネーの消滅」の可能性にまで言及している。


極端な思考実験をするならば、情報やデータのネットワークや処理能力がさらに飛躍的に発展し、世界中の人々が広範な財やサービスの直接交換についてマネーを介さずに瞬時に合意でき、その履行まで確保されるようになれば、最早マネー自体が不要となっていく可能性すら考えられない訳ではありません。

雨宮副総裁は法定通貨だけでなく、あらゆるマネーが消滅する可能性もゼロではないと話した。
もっとも、これはSFに近い話で、直後に「見通し得る将来において、マネーの消滅まで展望することは現実的ではない」との断りを入れている。
それでも副総裁がこう話したことは、日銀が通貨を取り巻く環境変化に対し一概に否定的な考えをとらないことを反映したものだろう。
実際、講演を通して(日銀らしく)非常にスクウェアな意見表明がされている。
今後数年で言えば、通貨にかかわる議論の有用なスタート・ポイントを提供してくれる出色の講演と言えるだろう。

マネーの電子化によるマイナス金利、中央銀行のデジタル通貨発行による市中銀行消滅などもちろん言及されているのだが、ここでは仮想通貨のくだりを紹介しよう。
雨宮副総裁は、マネーが主たる3機能「価値尺度」「価値保蔵」「交換」を果たすためには「信用」が前提条件になるとおさらいした。
その観点から、仮想通貨(引用中は「暗号資産」)の流通は限定的にならざるをえないと予想している。

「発行者を持たず、ソブリン通貨単位を用いない暗号資産が、信用と使い勝手を備えたソブリン通貨を凌駕する形で、支払決済に広く使われていく可能性は低いように思います。」


雨宮副総裁は「信用」を築き上げるにはコストがかかると指摘し、コストの例を2つ挙げている。

  • ヤップ島の石貨: 「石を切り出し、時に嵐の中を運ぶ労力」
  • ソブリン通貨: 「制度的枠組みや、信頼に足る業務や政策のトラックレコード」
    「信用がしっかり確保されている限り、中央銀行は既にある信用を利用することで、ソブリン通貨、すなわち自らの債務を、低いコストで発行できます。」

信認を保っているソブリン通貨では通貨発行とともにシニョレージが発生する。
これは、額面金額と紙幣・硬貨の原価の差と考えればいい。
中央銀行(・政府)が通貨を発行するとこの通貨発行益が得られ、通貨が中央銀行(・政府)に戻ってきてしまうとその分が失われてしまう。
つまり、社会が通貨を多く受け取っていてくれるほど中央銀行(・政府)は恩恵を受けるのである。
このシニョレージを担保するのが信用であり、それを育むには厳格なルール・監視やその実績が必要なのだ。
(そして得られたシニョレージの一部は、ルールの徹底と適切な運用のために費消される。)

仮想通貨は(規律ある)ソブリン通貨との競争にさらされている。
しかも、厳格なルール・監視がなされているか疑問がもたれるものもあり、実績もほとんどない。
ICOの段階を除けば、(マイニングの際に)安定したシニョレージを得られるのかもわからない。
雨宮副総裁は仮想通貨の限界を見通している。

「暗号資産は、信用をゼロから築き上げるために、取引の検証 ― マイニング ― のための膨大な計算や、これに伴う大量の電力消費などのコストがかかります。
このような制約を持つ暗号資産が支払決済に広く使われていく上でのハードルは、相当高いように思われます。
現在、暗号資産が日常の支払決済手段としては殆ど使われず、専ら投機的な投資の対象となっている姿も、このことを裏付けているように思います。」


 - 国内経済, 投資