Exclusive 海外経済 投資

【メモ】ガンドラック:調べてみて
2018年10月11日

新債券王ことDoubleLine Capitalのジェフリー・ガンドラック氏が、最近の一連の予想について的中を誇っている。
4つの予想が挙がっており、その結果を検証しておこう。


「米30年債は2日連続で3.25%超で引けたか? 調べてみて。」

米30年債利回りは10月初めから急騰。
米30年債利回りは10月初めから急騰

「イールド・カーブはスティープ化したか? 調べてみて。」

米10年債(青)・2年債(赤)の利回り格差は拡大へ。
9月初め10年-2年スプレッドは0.2%だったが、現在は0.3%に。
米10年債(青)・2年債(赤)利回り

「米国株は下落に転じたか? 調べてみて。」

外国市場を尻目に好調を続けてきたS&P 500指数もついに大きな下落。
S&P 500指数も大きな下げを

「社債はアンダーパフォームしているか? 調べてみて。」

8月、米社債市場へ大量の資金流入があったが、近時ではアンダーパフォームの兆し。
米社債と米国債のパフォーマンス

すべてはリスク・プレミアムの増大をほのめかすものだ。
イールド・カーブのスティープ化を除けば残り3つは不吉な変化と言えるだろう。
イールド・カーブの長短逆転を予想しなかったところが、単なる弱気派と異なる。
それだけにガンドラック氏の予想は侮れない。


-Exclusive, 海外経済, 投資
-, ,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 本文中に《》で囲んだ部分がありますが、これは引用ではなく強調のためのものです。 その他利用規約をご覧ください。