日銀ワーキングペーパーを深読みすれば

日本銀行企画局の須藤直氏、田中雅樹氏がとても意味深なワーキングペーパーを公表している。
日銀の公式見解ではないというものの、両氏が企画局の所属とあっては勘繰りたくもなる。


長期金利は日銀が長期国債を買い入れているから下がったのか。
それとも、経済の潜在成長率が下がったために下がったのか。
それが問題だ。

バーナンキ:中央銀行は市場に合わせるだけ


ベン・バーナンキ元FRB議長は以前、市場金利は中央銀行が上下させるわけではないと話していた。
中央銀行は均衡金利の変動に寄り添うように政策金利を設定し、景気を刺激すべき時にはやや下に、冷やすべきときにはやや上に誘導するというのだ。
さすがに短期金利はFRBのFF金利誘導目標に収束せざるをえないが、長期金利はそれとは別という趣旨である。
そもそもバーナンキ氏はいわゆるバーナンキのジョークで吐露しているように、量的緩和政策の理論的有効性に納得していなかった節がある。
仮に長期国債買入れが《量》の効果とは別に長期金利引き下げになるなら、量的緩和という名前の長期国債買入れの理論的有効性は容易に説明できたはずだ。
バーナンキ氏は、長期国債買入れが長期金利を押し下げたとの見方には立っていないのだろう。


日銀:長期金利はコントロールできる

日銀はかつてウェブサイト中の啓蒙用のページで、金利の期間構造について純粋期待仮説の立場をとる説明をしていた。
この立場をとると、仮に日銀が市場期待を永遠にコントロールすることができないとすれば(それは今現実に証明されつつある)、長期金利を中央銀行が持続的にコントロールすることは難しいとの結論を示唆することになる。
日銀は長期金利ターゲット導入時にこのページを改訂し、やや苦しい説明をしている。
組織人の悲哀を感じさせるが、ある面誠実な対応であろう。

長期国債買入れの効果

柔軟性を持たせたとは言え、日銀は今でも長期金利ターゲットを継続している。
建前としては、中央銀行が長期金利をコントロールできるという考えに立っているのだ。
これはバーナンキ氏の金利観とはずいぶん異なっている。

長期金利は日銀が長期国債を買い入れているから下がったのか。
それとも、経済の潜在成長率が下がったために下がったのか。
日銀のワーキングペーパーは、長期国債買入れに長期金利押し下げ効果があったのかを検証している。
いや、日本の潜在成長率が異次元緩和導入後に低下したなどありえない。
ならば、長期金利押し下げ効果はあったのだ。
ワーキングペーパーでは、その効果がストック(日銀の保有額)によるものなのか、フロー(ある期間での買入れ額)によるものなのかまで検証している。

(次ページ: ワーキングペーパーが語るもの)


ページ: (1) (2) (3)

 - 国内経済 ,