ピーター・シフ:次は米国債・米ドルの危機になる

Euro Pacific CapitalのPeter Schiff氏が、金融危機の再来を予想した。
次の危機はサブプライム/リーマン危機よりひどくなるといい、米国債・米ドルが打撃を受けるという。


『大きすぎて潰せない』銀行は今では過去になく大きくなり、金利上昇と景気後退にさらされている。
そのため、経済のシステミック・リスクは2008年より今の方が大きくなっている。

シフ氏がロシア国営RTに語った。
米金融システムの脆弱性はサブプライム/リーマン危機前から改善していないという。
経営危機に陥った銀行のほとんどを政府が救済したことでモラル・ハザードが起こったとし、リーマン危機から何も学ばれていないと嘆いて見せた。

「私たちは前回の危機を引き起こした誤りを繰り返し、さらに大きくした。
次はもっと悪くなるだろう。」


シフ氏が言う誤りとはFRBの金融政策であり、トランプ政権の財政政策だろう。
同氏によれば、ドットコム・バブルも住宅バブルもFRBの金融政策が作り上げたものだ。
金融政策が資産価格を持ち上げる中、トランプ政権の財政刺激策がさらに資産価格を煽っている。
財源をともなわない財政政策は永遠には続かず、その反動が起これば景気・市場の後退はきつくなる。

「前回の危機以来の劣悪な金融・財政政策によって、次がもっと悪くなるのは確実だ。
次の危機も政府が原因を作り、みんな驚きに囚われ、資本主義がスケープゴートにされるという点で似たものになるだろう。
しかし、もっとひどくなるという点では大きく異なるはずだ。」

何が「もっとひどくなる」のか。
それは、バブル崩壊の対象だ。
前回の危機は住宅バブルの崩壊であり、主たる金融商品はMBSとその仕組み商品等であった。
しかし、今回の対象は米国債が主役であり、米国債の売られは米ドル安を招くという。

次の危機では米国債が焦点となるだろう。
ドルが暴落し、金価格が上昇する。
消費者物価が急騰するにしたがい、次の景気後退ははるかに厳しくなる。


 - 海外経済 , , ,