ピーター・シフ:今回はドル危機になる

執筆:

Euro Pacific CapitalのPeter Schiff氏が、次の金融危機では米ドルと米国債が売られると予想した。
やや大きすぎる予想のように聞こえるが、それに備えるための投資戦略についてはかなり理に適った内容を語っている。


「2008年の金融危機につながった問題は、今私たちが抱えている問題に比べれば取るに足りないものに見えてしまう。
バーナンキとイエレンの下での金融政策の誤りは、グリーンスパンの誤りよりはるかに大きい。
彼らが作った問題、膨らませたバブルもはるかに大きい。
前例がなく、これから起こることは過去の例とは比べることもできない。」

シフ氏がMoneyShowに得意の終末論を話した。
人々はドットコム・バブルやサブプライム/リーマン危機の時代を「グレート・リセッション」と呼んでいるが、これは将来付け替えられるだろうという。
次の危機の方がはるかに深刻になると予想するからだ。
では、何がより深刻なのか。

今回はドル危機になる。
ありふれた金融危機ではなく、通貨危機のようなものでもない。
ドルが崩壊し、みんながMBSだけでなく米国債から逃げ出し、米国債市場は内爆する。
米国の返済能力をみんなが信じなくなるからだ。

シフ氏は財政面でも金融面でもコチコチのタカ派だ。
財政は規律を守るべきとし、金融は安易な緩和策をとるべきでないと主張する。
しかし、現実はそれと真逆の方向に動いている。
シフ氏はこの期待外れの現実を目の当たりにし、米国の通貨と国債が信認を失う日が近いと言い続けてきた。


ドル・インデックス(青)と米10年債利回り(赤)
ドル・インデックス(青)と米10年債利回り(赤)

シフ氏はサブプライム/リーマン危機を予想した1人とされている(終末論を唱え続けていただけとの見方もある)が、この危機でもドルと米国債は売られなかった。
むしろ買われたのである。
米10年債利回りは低下(=米10年債が買われた)し続け、ドル相場も危機の真っただ中に上昇したのだ。
同様に金融危機到来を予想するジム・ロジャーズ氏は、前回までの再現を狙い、ドル買いを推奨している。
この逆、つまりドルと米国債が売られるとは、米ドルの準備通貨としての地位が揺らぐことを示唆する。
シフ氏は次の危機において、安全資産の再定義が必要になるという。

今回も安全への逃避が起こるが、それはドルや米国債からの逃避になる。
人々はそれらを安全資産と思わなくなるからだ。
次の安全資産は金であり、政府の財政状態が良いか経済がはるかに良い国の通貨になる。
それらは債権国であり、輸入より輸出が多く、借金より貯蓄が多い。

シフ氏は守りの投資を奨めている。
リスク資産なら外国株だとし、クラッシュしている新興国に注目すべきという。
益回りがS&P 500の倍以上と割安だからだ。
債券ならばシンガポールやニュージーランドなどの先進国債券がよく、金利上昇リスクを低減するために償還まで短いものにしろという。
しかし、シフ氏の最大の推しは何と言っても金だ。

「ドルは処分しろ。
金鉱株は昨年も今年も金に比べて上昇したが、まだひどく安い。
・・・
いつ買うか?
今でしょ。
みんなが殺到するまで待ってはいけない。」


 - 海外経済, 投資 , , , ,