ジム・ロジャーズ:大儲けできる投資チャンスの探し方

ジム・ロジャーズ氏が、人生と投資の教訓を語っている。
大きなリターンをもたらす投資チャンスの探索法について触れている。


「主に私が娘たちに教えようとしているのは、好奇心を持て、他人に頼らず懐疑心を持てということ。
他人に頼らないというのはとても難しく、他人の言うことを受け入れるのはとても易しい。」

ロジャーズ氏が、Americas Voice Networkのインタビューで語った。
愛娘たちには、起こっていることすべてに好奇心を持たせる一方、健全な懐疑心を持つよう教えているという。
テレビやインターネットで見聞きしたこと、他人の言葉を鵜呑みにせず、受け入れる前に必ず自身で確かめさせている。

ロジャーズ氏はこれまで投資家にも自分自身で考えることの重要さを説いてきた。
成功したければ、あるいは大多数の人たちと同じところにとどまりたくなければ、他人の考えに追従すべきではない。
投資の世界では、このルールはもう少し具体的な内容になってくる。


私が長年かけて学んだのは、もしも他の人たちが無視している市場・セクター・企業で何かが変化している時、大金を稼ぐチャンスなんだ。
それを探し出すのは簡単ではないが、そうした変化はかなりたくさん起こっているものなんだ。

ロジャーズ氏が最近ジンバブエへの投資を始めたのも、まさにこの理由からだという。
40年にわたり悲惨な状況が続いたジンバブエにいい変化の兆しがあり、これが大きく化ける可能性を与えている。
一方、ほとんどの人は、ジンバブエが地図のどこにあるかもわからないだろうという。

ただし、ロジャーズ氏は、そう簡単に大儲けできるとも思っていない。
こうした変化には時間がかかるし、その変化が投資の果実をもたらすのにも時間がかかる。
さらに、いい変化に見えたものが本当にいい結果をもたらすかどうかも不確実だ。
それでも、大きなチャンスとはそういうところにあるものとの信念がある。

もしも他の人が無視しているものを見つけ、特にそれが40年間の不幸(からの変化)であるなら、それはすばらしいチャンスになる。


 - その他 ,