【短信】佐々木融氏:リスク・オフの円高が感じられないワケ

JP Morganの佐々木融氏が、最近のリスク・オフ局面で円高ドル安が起こりにくくなっている理由を解説している。
その理由から、当面は急激な円高ドル安は起こりそうにないと予想している。


当面はドル円相場での急速な円高は発生しそうにない。

佐々木氏がReutersへの寄稿で書いている。
最近リスク・オフ局面で円高ドル安が進みにくくなっている。
円の調達通貨としての性格が弱まっているのではないかと考えている投資家が多いのだという。
佐々木氏は、調達通貨としての性格は変わっていないという。
代わりに、リスク・オフの円高ドル安が進みにくい理由を大きく3点挙げている。

  • 円投外貨転投資の主体が日本企業の対外直接投資であるため、リスク・オフ局面でも既存投資が回収されにくい、新規投資がキャンセルされにくい。
  • (米経済が好調な中での)新興国不安による円高・ドル高では、よりドル買いが起こりやすい。
  • ドルと円の相関が強まっている。

佐々木氏は、再びリスク・オフの円高ドル安が起こる条件を例示する:

世界経済が新興諸国以外の広範な要因で著しく減速することにより、本邦企業・投資家による対外投資の動きが止まり、逆に本邦投資家が本格的に対外投資の巻き戻しを迫られたり、本邦企業が海外直接投資の際に取った為替リスクのヘッジを余儀なくされる状態となること

局所的なショックでなく激震であれば、やはり円高ドル安がシナリオになってくるようだ。


 - 投資 ,