池尾和人

 

池尾和人教授:イールド・カーブ・コントロールは逆効果

執筆:

池尾和人 立正大学教授が、方向性を見失ったかに見える日銀に戦略の見直しを求めている。
金融政策はあくまで脇役であって、政府を巻き込んだ仕切り直しが必要という。


日銀は目標達成を目指して強力な金融緩和を続けていると言うが、現実には強力な緩和になっていない可能性が高い。
金融緩和の度合いを測るには金利水準だけでは十分ではなく、金融機関の利ざやに直結する利回り曲線の傾きもあわせて考慮する必要がある。

池尾教授が日経電子版に書いている。
教授が利回り曲線(イールド・カーブ)に言及したのは、何も市中銀行の損益を心配したからではない。
民間企業である市中銀行の損益確保を中央銀行が金融政策の優先事項とするいわれはない。
もちろん市中銀行を破綻に追い込むようなら悪影響が避けられず、配慮は必要だ。
しかし、それは市中銀行を儲けさせるという話ではない。

イールド・カーブをフラットにしてはいけない

金融政策がイールド・カーブの傾きに配慮しなければいけない理由は、信用創造の担い手である市中銀行の儲け口に関係している。
市中銀行が預貸業務で得る利益とは
・預金の利ざや
・貸金の利ざや
・長短スプレッド
(実際は、長短スプレッドという言い方は厳密でないかもしれない。
市中銀行には貸出のデュレーションが短い銀行も多いと推測される。
その場合、ここで言う長短スプレッドの一部は、貸金の利ざやの中に含まれることになるが、議論の趣旨は変わらない。)


長期金利がゼロ近傍であるような環境では、コスト配賦後の預金の利ざやはマイナスになる。
貸金の利ざやは、少ない良質貸出案件の取り合いなどから圧迫される。
だから預金・貸金の利ざやだけでは利益はほとんどとれない。
貸し倒れに備えて引当金を積み増せば、状況はさらに悪化する。
ストック部分はともかく、限界部分では無理に貸出を増やすべきでないとの判断があってもおかしくない。

仮に長短スプレッドがあれば、つまり、イールド・カーブに傾きがあれば、状況は変わって来る。
長短スプレッドがスイートナーとなって、もう少しリスクをとってもいいとの判断になるかもしれない。

金融政策は脇役であるべき

池尾教授は現状のイールド・カーブ・コントロールの2つの力を比べる。
金利を押し下げるという意味では金融緩和効果があるものの、イールド・カーブのフラット化が緩和効果を阻害するという。

「利回り曲線が極端に平たんになっている現状ではいくら緩和をしても逆効果となる局面にきている。
・・・デフレというと金融政策の対象に思えるが、将来に希望を持てるようにするのは成長戦略の領域だ。
金融政策は脇役でしかないのに主役のように扱ってきたのがこの5年間だった。」

池尾教授は金融政策が限界に達しており、元々あるべき脇役の位置に戻るべきと主張している。

(次ページ: デフレは貨幣現象ではない)


ページ:  1 2

 - 国内経済, 政治 ,