投資

【短信】モルガン・スタンレー:ドル円の目標104円

米経済・市場への弱気スタンスが目立つモルガン・スタンレーが、米ドルについても弱気予想をしている。
ドルが弱気トレンド入りするとして、ドル円の目標を104円としている。


米ドルはピークを打ち、まもなく再び趨勢的な下降トレンド入りするだろう。
・・・市場はリスク回避の高まりをドル高と結びつけているが、そのコンセンサスは間違っている。

モルガン・スタンレーのHans Redeker氏らのレポートをBloombergが報じている。
同社は8月にもドルが下げ圧力を受け始めるといい、理由の一端を列挙した:

  • トランプ大統領の口先介入
  • 米経済サーベイの結果の軟化
  • 中国の経済政策
  • 潜在的な日銀の政策調整

この予想に基づくモルガン・スタンレーの推奨は以下のとおり:

  • ユーロ/ドル: エントリー(買い)1.16ドル、目標 1.21ドル、ストップ・ロス 1.15ドル
  • ドル/円: エントリー (売り)111.40円、目標104円

ドル円の目標の円高ぶりが、モルガン・スタンレーの経済に対する弱気ぶりを感じさせる。

ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック氏は年初、投資家にコモディティ投資を推奨していた。
その根拠の1つが米ドル安を予想したためだった。

米ドルの実質実効為替レート
米ドルの実質実効為替レート

ガンドラック氏がドル安を予想したのは、米ドル相場に半周期8年の高い周期性があるためだ。
ところが、今年前半に関して言う限り、この予想は外れている。


-投資
-,

執筆:

記事またはコラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。記事またはコラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。記事またはコラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。記事またはコラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。 その他利用規約をご覧ください。