【短信】デニス・ガートマン:ダウ平均30,000へ

最近はすっかり文字通りの「逆張り」投資家と呼ばれるようになったデニス・ガートマン氏だが、またもや最近までの弱気予想を転換しそうだ。
ダウ平均は30,000まで上げる可能性さえあるという。


この6か月半が本当に地固めの局面だったと確認されれば、おそらくダウ平均にして30,000までの上昇はテクニカル的に可能だ。

ガートマン氏のニュース・レターの内容をBloombergが伝えた。
同氏は直近までグローバル市場の弱気相場入りを主張し、ポジションの縮小を推奨していた。
ところが、足元の強い相場を見て、これまでのさえない展開が地固めの局面だった可能性が高いと言い始めたのだ。

ダウ平均
ダウ平均

しかも、これは米市場だけの話ではないという。

「これは世界的に起こっていることだ:
世界的な地固め(局面)かもしれず、今、上離れする可能性がある。」

ガートマン氏は以前、貿易戦争が世界市場に悪影響を及ぼすと指摘していた。
その要因はむしろ悪化してきている。
しかし、市場は貿易戦争の恐怖を単なる騒ぎすぎと考えているようだという。


 - 投資 ,