JPモルガン:仮に景気後退が見えたら買うべき通貨

ジェイミー・ダイモンCEOを筆頭に世界経済に対して強気スタンスをとっているJPモルガンから興味深い発信がなされた。
「仮に景気後退になれば」という条件付きでのレポートだ。


「景気後退期には債権者が資金を回収しようとする。・・・
景気後退期に保有すべきトップ4通貨のうち3つは、極めて強い対外ポジションを有する国の通貨だ。」

JPモルガンのレポートをBloombergが紹介している。
JPモルガンの言うトップ4とはスイス・フラン、シンガポール・ドル、米ドル、そして日本円だ。
同社ではこれら4通貨を調達通貨とするキャリー取引が景気後退とともに巻き戻すと予想している。
そのため、米経済あるいは世界経済に後退の兆しが見えたら、その時がこれら通貨の買い時と主張しているのだ。


JPモルガンによれば、トップ4の中で日本円が最も魅力的で、シンガポール・ドルが最も魅力が小さいという。
過去の傾向を見る限り、景気後退期の日本円のパフォーマンスは必ずしも優れなかったという。
しかし、JPモルガンは、現在の円の実質実効為替レートが40年平均より23%も安くなっている点に注目している。
過去は景気後退の前に割高になっていたケースがあったためその後のパフォーマンスが目立たなかったが、今回は大きく割安となっているためパフォーマンスが高まる可能性があるという。
このため、JPモルガンは、日本円が「景気後退期のヘッジの主役を担う」と考えている。
日本が望むと望まざるとにかかわらず、リスク・オフの円買いが起こるという話だ。

円の実質実効為替レート
円の実質実効為替レート

一方で、回避すべきは新興国市場の通貨だという。
新興国通貨は景気後退の影響を受けやすく、過去のデータによれば景気後退スタートから2年間で平均17%も減価したのだという。

ただし、これらの議論はすべて「仮」の話だとJPモルガンは断りを入れる。
現時点で景気後退を議論するのは「時期尚早」としながらも、危機対応を怠るべきでないという。
要は、足元の景気が良いように見えても、いつでも景気後退は訪れうるということだろう。


 - 投資 , , ,